2005.5.27 「ロケテスト情報」を更新いたしました!
        「雑誌掲載情報」を更新いたしました!
        「所属アイドル紹介」(伊織4コマ)を更新いたしました!

ディレ1
「長い……長すぎた、あまりにも……。
 しかし!ついに!!再び!!!

あずさ
「そう!ウゴウ●ルーガの再放送をやってるんですってね〜」

ディレ1
違いますよ!!いや、違わないですけど!!
 そのことではなく、ついに!アイドルマスターの3回目の
 ロケテスト詳細が決定しました!


春香・千早・伊織・あずさ・やよい・真・雪歩・律子・亜美/真美
「ついに……ですね!全力でがんばります!!」
「いよいよ長い旅路のはじまりですね……」
「いよいよ真打登場ってわけよねっ!ニヒヒ♪やるわよーっ!」
「そういえば、先週そういうことを話していたような気が……
 うふふ、楽しみです」

「ううーっ!またまた楽しいことがはじまるんですね!」
「うわあ、なんだか気合が入ったきたぞ!よーっし、やるぞ!」
「あわわわ、何度聞いてもドキドキしちゃいます……でも……
 やります!」

「あ〜この発表パターンも飽きたわね〜」
「よ〜し、今度こそはだね、真美!」「うん!今度こそはだね亜美!」

ディレ1
「よし!皆、気合十分だなっ!……ところで、律子さん?
 もう1度何て仰ったかをお聞かせ願えますか?」

律子
「私の真価が試される時ね!!気合十分!!みんな一緒に
 がんばりましょう!えいえい、おーっ!」

ディレ1
長いよ!絶対そんなこと言ってなかったよ!!!
 まあ……そんなことはともかく!詳細はこちらを見ていただくとして
 まずは場所と正式な日時です!!!
 
 2005年6月9日(木)〜12日(日)
 東京:プラボ中野店
 福岡:ワンダーパーク博多

 
 先週のヒントは簡単すぎましたかね?
 ちなみに、代表的なものをあげますと
 メロンパン=福岡ドーム、ピンクなもの=明太子、
 白い液体=豚骨スープ
 剣山=新宿高層ビル、変な形の建物=サンプラザでした。
 あと、前から場所は決めていたので、さらにもう1つ
 ヒントは出していたんですけどね」

律子
「ヒント?他に何かあったっけ?」

ディレ1
「ほら、1番上に……九州連続って書いてあったじゃないか!!」 →当時のTOP画像

律子
9週でしょ!本当かしらね……?」

ディレ1
「そんなこんなで!!!!
 さらにテストの情報を追加していきますと……

 今回追加の新要素
 ■ユニットプレイ解禁!
 プロデューサーランクが上がれば、2人ユニットを
 作成することができるようになりました!
 
 ■パートエディットの解禁
 プロデューサーランクが上がれば、誰が?歌のどのパートを
 歌うのか?を細かく指示できる
 パートエディットができるようになりました!
 自分だけの完璧な歌の組み合わせを作り上げて下さい!
 ただし、2人以上のユニットをプロデュースしている時にしか
 エディットできませんよ。
 
 ■テンションシステム
 女の子のテンションが「高」「中」「低」と3つに分かれました。
 テンションに応じて、色々と起こることが変化します。
 それに伴い「休む」選択肢が追加されています。
 休めば、テンションは「高」に回復です。でも休んだ場合、
 本当にランクUPリミットが1週減少しますので、
 休む場合は十分スケジュールを考えて下さい!
 基本的には「高」がオススメですけど、まあ、いろいろあるんですよ!
 これが!
 
 ■ドタキャンシステム
 女の子のテンションが「低」の時、たま〜に「休みます」という
 連絡が入って女の子がドタキャンすることがあります。
 ドタキャンされると、ランクアップリミットが1週減少して、
 さらにファン数なども減少します!
 
 ■オーディションの大幅追加
 オーディションはEFランク専用と、
 誰でも参加できる全国オーディション、そして
 謎に包まれし特別オーディションが増えました。
 特別オーディションってなんじゃい!って方は、
 もう思い切って参加するしかない!

 ■アピール文章入力システム
 参加オーディション決定後、20文字までのアピールコメントを
 入力することができるようになりました。
 どう使うのかはあなた次第です!

 ■シナリオの追加
 エンディングを大幅に追加しました。
 哀しい別れになった時、新たな感動を持って次なる旅路へ赴こう!

 です!
 これまでにアイドルマスターを何度かプレイして下さった皆様にも
 新しくゲームを開始しようかな〜と思ってくださる皆様にも、
 楽しんで頂ければと思います!」

やよい
「すごい!大盛りですよね!大盛りは最高です!」

ディレ1
「うん!大盛りは最高だよ!さらにさらに……忘れてはならないのが、
 いよいよベールを脱ぐ携帯連動!!

 ■メモリーズ☆プリーズ
 オーディション合格後に撮影した写真を、携帯電話の壁紙として
 ダウンロードできます!もちろんカラーですので、
 満足度はよりタカマレ高まるので、やるしかないね!
 
 ■メール☆プリーズ
 どうしてプリーズなんだ!という声は無視しつつ、
 あなたのメールアドレスを携帯サイトに登録すると
 プロデュースしている女の子から時折メールが届きます。
 ゲーム中のプロデュースによりやってくるメールが変化して、
 さらに何時に来てくださいというメールが届いた時、
 その時間にゲームをすると……
 あとは自分で確かめて下さい!
 
 ■クイズ☆プリーズ
 だからどうしてプリーズなんだYO!という声はやはり黙殺しつつ
 ロケテスト期間専用で、クイズに答えてグアムに行こう!ではなく、
 壁紙をもらおうという素敵なコーナーも用意しました。
 クイズ内容はもちろん、マジック●カデミーを超える……ではなく
 765プロの女の子達に関するお気軽に楽しめるものですよ!
 
 これらのサービスはロケテスト期間中のみ無料で!
 お楽しみいただけます!
 なお、カードを購入しないと、これらの携帯サービスは
 お楽しみ頂けません。
 本サイトオープン時は……もうパワーアップしまくりですので、
 片鱗をお楽しみ頂ければと思います。もう、これは……
 やるしかないのか!」
 
やよい
「うわ〜……これは満腹定食よりも大盛りですよ!」

ディレ1
「でも……まだあるんだよ!

 ■ファンレターが届きます
 2005年3月から4月にかけまして皆様から
 広く募集させて頂きましたファンレターですが、
 ゲーム中にアクセサリーとして登場することがあります。
 届けばいいことありますよ!ご応募ありがとうございました!
 採用者はゲーム中で発表ということで勘弁して下さい。

 ■全国番組出演可能!
 ボーカルジャンルイメージ全国上位20名、
 ダンスジャンルイメージ全国上位20名、
 ビジュアルジャンルイメージ全国上位20名のユニットは
 センタータワーの番組に登場します!
 
 何か、それでも言い損ねたことがあるような…
 あ!!芸能記……」

やよい
「うわ!もういいです!お腹いっぱいです!」
 
ディレ1
「あ、そう?でも他にも事務……」

やよい
「う、うう〜〜もうダメです〜〜〜っ……」

ディレ1
「うわわ!ご、ゴメン!さすがにムリだったか。まあそんな訳で
 皆、気合入れていこう!!!」

春香・千早・伊織・あずさ・やよい・真・雪歩・律子・亜美/真美
「はいっ!!!」

ディレ1
「最後に重要なお知らせです。
 システムの大幅なバージョンアップに伴い
 第1回ロケテ、第2回ロケテ、AOUで作成されたカードについては
 継続プレイができません(一部引き継げるデータはございます)
 本当にご迷惑をお掛けいたします。
 ただ、ご迷惑をおかけするかわりに、せめてもの罪滅ぼしは
 いたしますので 詳細はこちらをご覧下さい。
 滅ぼしてないじゃん!という方もいらっしゃるかもしれませんけど。
 
 なお、第3回ロケテストで作成されたカードにつきましては、
 製品版でもプレイできるように調整しております。
 さあ、これでテストは最後の最後です!」
 
律子
「本当?」

ディレ1
「ほ、ほほほ本当だとも!!
 テスト専用カードも最後です!実質ここからがスタートと言えます。
 こんなゲームに少しでもご興味がある方は、
 家族友達お誘い合わせの上店舗までお越しくだされば
 STAFF一同これにかわる喜びはありません。
 いよいよ、本格起動していくアイドルマスターですが、
 ぜひ全国のプロデューサー候補の皆様」

春香・千早・伊織・あずさ・やよい・真・雪歩・律子・亜美/真美
プロデュースよろしくお願いしますっ!


本当にお待たせいたしました。
またまたまた皆様の前にちょこっと出現するアイドルマスターですが
もう本当いろいろな意味で今回もいっぱいいっぱいです!
どうなるんでしょうか?ねえ?
というわけでロケテスト4649(またかよ!)

 2005.5.20 「所属アイドル紹介」(社長4コマ)を更新いたしました!
6月という時期は判明したものの
いまだハッキリとしないロケテストの情報……
どうなってるんだYO!というそんな思いが渦巻く中
とある2人が街を歩いているシーンから
今回のサイトブログは始まる……

///////////////////////////////////////////////////

あずさ
「う〜ん、今日はいいお天気ねえ〜。
 この位の季節の空気は気分がいいわ〜」


「相変わらずのんびりしてますね、あずささんは。
 少しずつ出番が近づいてるっていうのに、
 こんな何もわからないままじゃ
 ボクなんて全然落ち着いていられませんよ……」

あずさ
「あら、真ちゃんは繊細なのね〜。
 私はどちらかというと楽しみにしてるから、そうね……
 ドキドキというよりはワクワクな気分」


「う〜ん、さすがは、あずささんですね!よし!
 ボクもそれくらい余裕をもたなきゃ!」

あずさ
「でも、私は緊張感がなさすぎるかもしれないわね〜
 これじゃあ、ディレ1さんに怒られちゃうかも……
 う〜ん、どうすれば緊張感が増すのかしら……というか
 緊張感ってどんな気分なのかしら……
 眉間にしわを寄せていたら少しは不安そうに見えるかも……
 でもそれじゃシワが増えちゃうかもしれないし……」
 

「うわ!!あずささん、前、前!!で、電柱がっ!」

あずさ
「え?真ちゃん何……」

ガン!!☆

あずさ
「キャっ……う、イタタタ……痛〜い…」


「あずささん!大丈夫ですか?ケガはないですか?」

あずさ
「ありがとう真ちゃん、特にケガはしていないみたいだけど……」


「けど?何ですか?何かあるんですか?」

あずさ
「このディレ1さんからもらった
 『ロケテストがもうすぐありますので各自準備しておくように』  っていう紙から変なイメージが浮かんでくるの……何かしら?」
 

「え?それって、まさかサイコロシェイムとかいう奴じゃないですか?
 モノとか触ると、そのモノの記憶が読みとれるって奴ですよ!
 ほら、松岡くん主演でドラマとかしてたじゃないですか!
 多分電柱で頭をぶつけて、能力が覚醒したんですよ!」(*)

(*)サイコメトリーと言いたいらしい

 
あずさ
「そうかしら?」


「あずささん、どんなイメージが浮かんでくるんですか??
 それが次のテストの場所のヒントになっているかもしれない!」

あずさ
「え〜と、そうね……
 イメージは大きく2つあるわ
 え〜と1つは
 
 メロンパンみたいなものが見えるわ、
 すこし頭の毛が少ないおじ様も見えるわね……
 あら?パンの近くにはなんだかとんがった大きなのも見えるかも……
 う〜ん、あと人がたくさん乗っている車があって……
 それがうろうろしていて……
 大きな建物が見えるわ。
 これはうさぎさん?猫?の耳をつけている
 小さい女の子っぽいものも見えるわ……
 あら?何だか、近くではピンクっぽくて、赤っぽいモノが
 たくさん見えるわ。
 あとこの白い液体は何かしら……?

 

「す、すごいじゃないですか、あずささん!!他には何が
 見えるんですか?!」

あずさ
「あと1つは……

 剣山かしら?何本も長いものが突き出ていて……
 こういうの台形っていうのかしら、それとも四角形でいいのかしら?
 変な形のモノが見えるわね……
 人がたくさん歩いてる……
 なんだかゴチャゴチャしたところ……
 かわいい衣装を着た人が紅茶を入れている……
 これは何かしら……?
 まるっこいモノがたくさん入ったハコがあるわね
 売ってるのかしら?
 何だか不思議なところ……

 

「すごいや!ここまでわかれば、もうわかったも同然ですよ!」

あずさ
「本当〜?お役に立ててうれしいわ。ところで、真ちゃん、
 どこでやるのかわかったの?」


「…………わかりません」

あずさ
「あら〜、残念ねえ。じゃあ私も少し考えようかしら……
 う〜ん、少しエッチな感じなのかしら……
 まさかね……じゃあ、あれは一体……」


「うわ!あずささん、だから前を見て、前を!!!

あずさ
「え?前を見……きゃあ!」

ガツン☆


///////////////////////////////////////////////////

ということで、いつかどこかで体験したような展開ですが
来週には正式にいろいろと当サイトをご覧になって下さっている皆様に
ご報告しようと準備しております。
……うん、できるように頑張りますよ!オラーっ!!!(自己暗示)

という感じで、アーケードSTAFF、携帯STAFFほか
色々なSTAFF一同でアクセル全開で、かっ飛ばす準備が着々と進みつつあります。
でも、いきなりアクセル全開するとこけちゃうけどね!(笑)
では、長ーい目で当サイトをお楽しみ頂いている皆様、
もうしばらくアイドルマスターにお付き合いくださいますよう、
よろしくお願いしますっ!!!
まずは、待て来週っ!!

 2005.5.13 「所属アイドル紹介」(やよい4コマ)を更新いたしました!
今週こそ本当の本当に伊織さまのご生誕番組です。
ええ本当ですとも。
え?次のロケテスト情報はどうなってるだって?
それは番組中に何かふれているかもしれません……(せこい)

///////////////////////////////////////////////////

伊織
「全国10億人の伊織ちゃんファンの皆さんー!お待たせー!!
 ようやく悪の権化は倒れて、正義とかわいさの人
 伊織ちゃんの出番がやってきたよー!ニヒヒ♪
 さあて、今日は何をやっちゃおうかしら。
 やっぱり番組はすっごく派手な方がいいわよね。
 ゲストに和田ア●子さんなんていいかもしれないわね。
 それとも、ちょっぴりお色気で
 『伊織ちゃん、宝石風呂に入る!』とかでも
 いいかも!うん、それがいいわねっ!
 さあ、スタッフの人達、早速ダイヤを200リットル分ほど
 用意し……」

☆バタン

ロボ伊織
「フフフ・コノバングミハココカラ・ワタシ・ロボイオリチャンガ
 ヒキツギマスワ。トイウワケデ・トットト・スタジオカラ・デテッテヨネ!
 アト・ニホンニハ10オクニンモ・ヒトガスンデイナイワヨ。
 セイカクニハ126925843ニンヨ!(*1)

伊織
「な!ななな!!!
 何なのよコイツは!!しかもロボかるな(*2)ツッコミをしたわよ!」

ロボ伊織
「ナンナノヨッテ・セカイイチノ・ユウメイアイドル・
 イオリチャンヲ・シラナイノ?」

伊織
「伊織ちゃんが世界一の有名アイドルってのは知ってるわよ!
 私は、ロボ伊織ってのが何なのかを聞いてるのよ!!
 あ、全部カタカナでしゃべってるんだからロボットってのは
 わかるわよ!!」
 
ロボ伊織
「デハ・ホンダイニハイルワヨ。アンタハ・コノママデハ・
 ニンキイチイヲ・カクトクデキナイワ。
 ワタシハ・22セイキカラ・アンタヲ・トップアイドルニ
 ミチビクタメニ・ヤッテキタノ。」
 
伊織
ええ!!?そんなことあるわけないじゃない!!
 大体そんな回答じゃ謎が増しただけよ!!
 一体どこの誰がアンタみたいなロボットを派遣するのよって、
 ディレ1っ!!アンタでしょ!
 ……え?違うの??
 確かに、アンタのこの世のものではないモノを見たような
 青ざめた顔を見ると、本当のことを言っているみたいね。
 じゃあ何なのかしらね?」

ロボ伊織
「マア・カガクデハ・カイメイデキナイコトガ・アルノヨ」

伊織
「アンタ科学の賜物じゃないの?!」
 
ロボ伊織
「マアソレハ・オイトイテ」(*3)

伊織
旧いジェスチャーしないでよ!!!本当は
 1980年代から来たんじゃないの?」

ロボ伊織
「ウン?オモチハ・オイテナイノ?」」

伊織
「お餅?今何月だと思ってるのよ!!
 そもそも、お餅なんてスタジオにあるわけないでしょ!
 ……何かどこかで聞いたことのあるような話な気がしてきたわ」

ロボ伊織
「サア・サッソク・ニンキイチイニナルタメニ・トックンヲ
 カイシシマショウ」

伊織
「え?いきなりの展開ね。何かひみつな感じの道具を使うの?」

ロボ伊織
「チャンチャカチャンチャン・チャチャチャーン!!
 イマカラ・フルマラソンヲ・シマス!」

伊織
「どうしてアンタは科学っぽいこと言わないのよ!
 フルマラソンなんて走れるわけないじゃない!」

ロボ伊織
「デモ・ソロソロ・アルイベントガアルノデ・スコシ・
 キアイイレナイト……
 ツギモ・ゼンカイト・オナジ・ケッカニナッタラ・ヘコムワヨ」

伊織
「うん?あるイベント??
 何を言ってるの?何かが近いうちにおこるの?
 未来から来ただけあって何か知ってるのね??」

ロボ伊織
「ゴホゴホ、ゴホン!マア・ソレハオイトイテ」

伊織
だからアンタはジェスチャーが旧いのよ!!

ロボ伊織
「フウ・ジャア」

伊織
「え?いよいよ、まさか、ひみつでふしきな感じの
 未来デパートなもの?」

ロボ伊織
「ハーフマラソン・デイイワヨ」

伊織
距離を問題にしてるんじゃないわよ!!
 アンタ、科学とか使いなさいよ!!!
 今でも私は人気者だけど、もっとラクラクに
 人気がアップする方法はないの?」

ロボ伊織
「フフフ・ドウヤラ・イヨイヨ・ホンリョウハッキネ」

伊織
「ああ!手をポケットに入れたわね!今度こそ、もしや!」

ロボ伊織
「ア・モシモシ?ア・モッシー・アミダヨー」

伊織
ふつうに携帯じゃないのよ!!
 思わせぶりなことしないでよ!!!
 うん?今アンタ亜美だよーって言わなかった??
 それに、その機種は亜美と同じ……
 まさか、アンタ!!!

ロボ伊織
ギクーーーっ!!!
 
伊織
「亜美をのっとったの?!」

ロボ伊織
「ソンナワケナイデショ!ア・モウ・ゲンダイニ
 イラレルジカンガオワル……
 ジャア・マタネ!!!」

☆バタン

伊織
「いきなり目の前からか『サヨナラ……』とか言って
 消えるくらいの感動はないの!
 まあ、中身が亜美なことがわかっちゃったんだから、
 別に感動はないけどね」

☆バタン

亜美
「いおりんー、いるー?」

真美
大ニュースだよーーっ!!」

伊織
「あ!亜美!
 アンタ何私の番組をつぶしてくれてんのよ!
 メカ伊織なんて、あまりにも意味不明すぎるわ」

亜美
「へ?何いってんの?亜美たった今まで事務所にいて
 大急ぎでここに来たんだけど?」
 
真美
「そうだよー、大変なんだよー」
 
伊織
「本当に?じゃあさっきのあれは一体何なのよ?
 ところで、大ニュースって何??」

亜美
3回目のロケテストをするみたいだよ!!
 ディレいっちーがなんだかどこかに電話してたよ!!!
 何だか聞いたことのない言葉で話してたけど」

伊織
「ええ!!やっぱりあるんだ!
 じゃあ、さっきのロボは本物なのかしら?まあ、そんなこと
 どうでもいいわね!
 亜美、真美、今から走りに行くわよ!」
 
真美
「ええー!いおりん積極的じゃん!何かあったの?」

伊織
「ナ・イ・ショ♪ニヒヒ♪
 さあ!レッツゴー!!!!
 ……うん、ところでいつやるって?」

亜美
「6月とかいってたけど。良くはわかんない」

伊織
「じゃあ、それまで自分を磨いときましょ、ほらしゅっぱーつ!」

亜美/真美
「はーい!!」

///////////////////////////////////////////////////

というわけで、詳細はまた次にさせて頂きますが、またまた
皆様の前にお邪魔させて頂くつもりです!!!
さあ、どうなる?本当に出来るのか??!!!
しばらくアイドルマスターサイトを見逃さないように!!!


(*1)平成12年国勢調査調べ
(*2)伊織様の造語
(*3)両手を胸の高さの位置で右から左へと動かす動作を行った。
    相手が置いたものを、相手に戻すと、相手がまた
    同じ話題を繰り返すと完成。
    何を書いてるんだか自分でもよくわからない。


 2005.5.9 「所属アイドル紹介」(亜美真美4コマ)を更新いたしました!
今週は予告通り伊織さまのご生誕記念番組です。では皆様、楽しんでいってください!!

///////////////////////////////////////////////////

伊織
「みんなぁ!お待たせぇ!
 みんながだーい好きな伊織ちゃんのお誕生日記念番組
 ようやくはじまるよぉ!
 えーとぉ、私のお誕生日はぁ、5月5日なので
 『子供の日』と同じなんですけどぉ
 この番組を聞いてくれるみんなはぁ、鯉のぼりじゃなくて
 うさぎさんをお家のベランダとかに、くくりつけて
 風になびかせてみるといいんじゃないかしら?
 え?われながら、何だかこれって凄く
 ナイスアイディアなんじゃないかしら?!
 だって、その方があんなにアングリと口を開いている
 不細工な奴より、断然かわいいと思うの!
 ほら、うさぎさんのお耳を紐でしばって……」

☆バタン

ディレ1
「番組の途中ですが、ここからは番組の内容を変更して、
 緊急報道特別番組
 『ナムコとバンダイ、衝撃の経営統合計画!どうなる765プロ』
 をお送りします!
 本日はコメンテイターに765プロ社長の高木社長」

社長
「どうも」

ディレ1
「頭脳派アイドルの律子さんをお呼びしております」

律子
「本日はよろしく」

伊織
「ちょ、ちょっと、何いきなりマイク奪ってんのよ!!
 冗談じゃないわよ、バカやってんじゃないわよ、何やってんのよ!!
 こ、こら、マイク入れなさいよ!!ちょっとミキシングの人!
 そこのボタンONにしなさいよ!」



ディレ1
「お二人ともよろしくお願いします。さて、早速ですが
 高木社長、大変な事になりましたね?私もさすがに
 言葉を失ってしまいましたが
 社長はどう思われましたか?」

社長
「ていうか、どうして私のもとにはどこからも話が来ていないのかな?
 今日の朝に拾った新聞に書いてあったから
 どうにか話題についていけているものの、
 もし、あのサラリーマンが新聞を網棚に捨てなかったら、
 一体どうなっていたのやら……」

ディレ1
「え?社長のところには何も話がきていないんですか?
 変ですね???
 ていうか、今回の発表以降765プロはどうなるんですか?」

律子
「意義あり!何でもかんでも聞いてばかりじゃ、組織に進化はないわ。
 どうしていくのか?を考えてこそ、正しい組織じゃないかしら?」

ディレ1
「なるほど、正論ですね。では律子さんは765プロは
 どう進化していくべきだとお考えですか?」

伊織
「ちょっと!!!!!!!!!!!!
 何いきなり番組を勝手に中断してんのよ!!!
 今日の予定は私の特別番組のはずでしょ!!」


律子
「そうね……エンターテインメント産業の中で、芸能界という世界は
 ソフトとハードが分離していない、旧態依然とした、
 もっとも旧い世界ともいえるわ。
 だから、やはり、新しいものを積極的に取り入れることに
 全力を尽くすことがグループ内でのシナジー効果を生み出すと思う」

社長
「新しいものを取り入れる……それならもう我が765プロは
 ガンガンやっているぞ!
 昨日もマイナスイオンパワーα波動浄水器
 事務所の水道に取り付けたばかりだよ!」

ディレ1
「なんですか、その聞くだけでインチキって判断できる機器は!
 アンタ、だまされてるよ!!」

伊織
「ちょっと!無視してんじゃないわよ!!もうこうなったらスタジオの外に
 出て……あ!スタジオ鍵がかかってんじゃないの!!私を閉じ込めたわね!
 えい!くそー!!蹴っ飛ばしても開かないーーーーっ!!!!」


社長
「いや、それだけじゃないから、安心したまえ!
 『聞くだけでお金がミルミル増えるテープ』というものも一緒に……」

ディレ1
「だからインチキだよ!増えるわけねーだろ!!!」

律子
「おっかねー悩みだけが増えるってことじゃない?
 社長のやることだし気にしてちゃキリがないわね。
 まあ、進取の気概だけはよしとしましょう。
 ディレ1、アンタならどうしようと思う??」

伊織
「あーもう!!これはもう、一種のハラスメントよ!!!
 えーと、いおりにハラスメントよ!!
 あけなさいよ!!こらああ!!」


ディレ1
「え??新しいモノを取り入れるか……
 そうだな……あたらしいものか……えーと……
 とりあえず、事務所の冷蔵庫は冷凍庫がちゃんとついてる奴に
 交換した方が……」

律子
アンタも全然わかってないじゃない!!!
 いい!!新しいものを取り入れるってのは
 『コンサートのステージで、おきゃくさま全員に
 携帯ゲーム機を持ってもらって照明のコントロールに参加してもらう』
 とか
 『新曲データをコンサート会場に来てくれたお客さんの持っている
 おもちゃに通信で配信サービスする』とか、そういうことよ!」

社長
「じゃあ、それで」

ディレ1
決断早いな!!ていうか、さすがは律子。いいね、そういう試みは。
 高木社長!早速、まったく宇宙的偶然に同じ苗字を持つ、
 新体制の会長様に進言してくださいよ!!」

伊織
「はぁ、はぁ、はぁ、あ、暴れすぎてさすがに体力が……
 ディレ1ぃ!!はやくあけなさいよ!!!
 ……うう、さすがにフラフラ……」


社長
「え?どうして?私がいきなり言っても
 話題があまりなさそうだしなあ……
 おいしいファミレスのメニューとか話題にできるかな?」

ディレ1
「え?765プロって、ゲームのナムコと関係してるんでしょ?」

社長
「全然関係ないよ。うちの社名は私の誕生日からとったんだよ」

ディレ1
関係ないのかよっ!!!!紛らわしい名前つけてんじゃねえ!!
 あと、お前の誕生日はいつなんだよ!!!!
 くそ……、じゃあ、緊急報道特別なんてする必要なかっ……
 はっ!!!!伊織!!!!!」

☆ガチャン

律子
「あ、今スタジオの扉を開けたんだけど……この後はよろしく!
 じゃね!」

伊織
「うう……うう……
 でぃ、ディレ1……
 ○$×#>Ω∬∀Ю¥%$##!!!

ディレ1
ぐぎゃあああああっ!!
 た、助けて……ぐはあ!!!


……ということで……伊織ちゃんの特別番組は……
ら、次回にやりますので……
次回をおたのしみ……に…(ガク)

 2005.4.28 「所属アイドル紹介」(千早4コマ)を更新いたしました!
嵐の前の静けさなのか……
それともSTAFFにはもう体力が残っていないのか
表面的にはおとなしいアイマスサイトですが、もう裏サイドでは
何が何やらわからないくらい激しいですよ!!
そんな成果を皆様に発表できる日を夢見つつ
今週もいつも通りです(笑)

///////////////////////////////////////////////////

ディレ1
「もうすぐ世間はGWということで、5月も目前だ。
 ということで、これ以上延期するとチャンスを失いそうなので
 千早、今日はキミのお誕生日特番を放送する!
 ごめんな、すでに2ヶ月が経過していて」

千早
「はい。あまりこういうことは得意ではありませんが……
 何かを表現するチャンスと思えば、楽しめると思います」

ディレ1
「おお!なかなか前向きだね!
 じゃあ、早速スタジオに入ってもらおうかな。
 番組は特にテーマがない、千早の自由にやっていいからな!」

千早
「はい。では行って来ます」

??
「それじゃあ、本番いっちゃいまーす。3・2……CUE!」

千早
「本日のメインパーソナリティの如月千早です。
 …………
 番組開始前に『自由にやっていい』と
 スタッフの皆さんに言ってもらったのですが
 『自由』とは一体何なのでしょうか?
 制限がないということでしょうか?
 それとも限界がないということでしょうか?
 もしそれらの言葉が、スタッフの方が言われた
 『自由』の意味だとしても
 実際に真の意味での『自由』というものはあり得るのでしょうか?

 人間には超えることのできない壁や制限がたくさんあります。
 例えば、人間は100度以上の地表では
 生きるという自由を奪われます。
 多粒子系では『時間』という壁を越えることもできそうにありません。
 では精神はどうなのでしょう??
 精神は自由だと主張される方もおられるかもしれません。
 その場合『精神』を『イメージ』という言葉と
 同義で使用していると仮定した上でお話しますが
 イメージとは、網膜に映った画像をもとに必要な情報を抽出し、
 外の世界についての「解釈」で再構成することだといえます。
 しかし、解釈自体も、制限された世界という外部からの情報を
 積み上げて作られたものです。
 つまり『制限』された世界で作られるイメージは、
 所詮、真の意味での自由にはなりえないのです。

 だから私達が『自由』だと思える行動は、
 私達を囲う大きな『枠』が見えない行動である……
 そういうことではないでしょうか?
 皆さんは、ブロイラーの鶏と、放し飼いの鶏……どちらの鶏が
 自分は自由だと感じていると思われますか?
 多くの方が、放し飼いの鶏の方が自由だと
 言われるかもしれません。
 でも、どの鶏も実は同じなのです。
 結局は見えない『檻』に囚われているのです。
 私達人間は見えない『檻』で囲われているだけで、
 『自由』という言葉自体見せかけにすぎない
 あくまでも言葉のレトリックにすぎないのではないでしょうか?」

ディレ1
「……あの……千早……さん…一旦、カットしても
 よろしいでしょうか??」

千早
「はい。ディレ1さんがおっしゃるのであれば、いつでも大丈夫です。
 ……何か不都合なことがありましたでしょうか?」

ディレ1
「あの……確かに自由に話していいよっ!なんて言ったんですけど
 その、N●K教育の科学講座とか哲学講座みたいな内容は
 何なんでしょうか??」

千早
「いえ……ふと、いつも考えていることを喋ってみるのも
 いいかもしれない……そう思ったんです」

ディレ1
「オレはいつも晩飯のこととかしか考えていないんだけど……
 千早の脳内ではあんなややこしいことが渦巻いているんだね……
 あのさ、もう少しさ、軽いテーマでいってくれないかな?
 このままじゃ、皆疲れて読むの止めちゃうよ!
 それに異常に文字が多くて面倒くさいっていう神の声が
 聞こえてきたので」

千早
「はい。承知しました。
 では『軽い』をテーマにお話したいと思います。
 私達は、質量としての値の大きさを表現する時に
 『重い』『軽い』という言葉を使いますが、
 同様に心の澱(おり)の大きさを測る時にも
 『重い』『軽い』という言葉を使います。
 心の澱の大きさが実際に身体活動に影響を及ぼし
 体を動かす時に、いつもより体が重く感じる、
 いつもよりエネルギーを消耗するような気がする……
 そんなことから来ているのだと思います。

 一方、話題にも『重い』『軽い』という言葉を用いることがあります。
 こちらもまた、心にどれだけ話題から得られる情報が
 澱として沈殿するのか……ということから
 来ているものではないでしょうか?
 つまり、人は自分の体を自然に動かす感覚……
 この感覚を中心にして
 『重い』『軽い』という感覚を感じるのではないでしょうか?
 体の大きな方は悩みが少ないとか、陽気な人が多いと言います。
 それはつまり、普段から大きな体を動かすことに慣れているから、
 少々の煩わしさでは『重い』とは思わないのではないでしょうか?

 そうですね……歴史から事例を紐解いてみましょう。
 そもそも、歴史『HISTORY』の語源は『HIS STORY』です。
 この場合の彼とはイエス=キリストを指すのですが……」

ディレ1
「へえ〜〜……歴史の語源ってそうなんだ……
 いや、違うっ!!
 カ、カットカット!!!
何だかまた講座っぽくなってるよ!!!
 っていうかカル●っぽいんだけど!!
 ああ!!エンジニアの人とか何だかうなずいちゃってるし!!
 あのさ、もう少し緩い内容で……
 あ、緩いをテーマにしろって言ってる訳じゃあないよ。
 皆が笑ったり、ほっとしたりできる内容をテーマにお願いするよ」

???
「またまた本番いっちゃいまーす♪3・2……CUE!」

千早
「『笑い』という現象については
 科学的アプローチとしてナチュラルキラー細胞(NK細胞)が
 増加することが証明されてきていますが……
 去年から日本の芸能界では「お笑いブーム」が続いています。
 それは、現代日本人が『笑い』を求めているということなのでしょう。
 現在の「お笑いブーム」をして平和の象徴であるという人もいます。
 確かにその意見には賛同できるところがあります。

 栄華を極めた古代ローマでは、皇帝ティトゥスの手により
 コロセウムが作られて毎日凄惨な死闘が繰り広げられました。
 私はいつの世も平和な時代の民衆が求めるものは
 『刺激』だと思うのです。
 現代日本では『刺激』が『殺し合い』ではなく
 『笑い』となっている……そういうことではないのでしょうか?
 元来、日本は世界に類をみない程、笑いに寛容です。
 だからこそ、現代のような平和のはけ口を
 『笑い』に逃すことができているのですが
 厳格な宗教に守られた国では
 『笑い』は本質的に避けられがちな傾向にあります。
 もちろんユーモアはあります。
 しかし……」

ディレ1
「……ふんふん……」

千早
「幼いころよりストイックな教義が身近にある国々……
 一方、浅薄ともいえるまでに、貪欲に宗教から穀物までを
 輸入しつづけて、すべてを取り込み、許していく日本……
 取り巻く状況、世界、思考。世界の多くの国と比較して
 日本という国の捌け口の方向性が違うことは自明の理なのです。
 奇跡的に『笑い』という刺激に平和の捌け口を見つけることのできた
 日本の国民性は、世界に喧伝すべきことなのではないでしょうか?
 もちろんアメリカには『怒り』という刺激があります。
 それはロックという魂の響きであり
 茶番化した世界の番人という思想であり……」
 
ディレ1
「ふんふん………」
エンジニア
「ふむふむ……」

??
カーット!!!!何アンタまでうなずいてんのよ!!!」

ディレ1
「うお!!や、ヤバイ、完全に危うい世界に
 取り込まれるところだった!!
 今の声は一体……??」

伊織
「全く……自分というものを持ってないから、こういうことに
 なるのよ」

ディレ1
「い、伊織??伊織じゃないか!なんでお前がADやってんだ?」

伊織
「なんで??アンタ今日が何の日なのかわかってるの?」

ディレ1
「え……??なんだろう?石田純一と何か関係ある?」

伊織
全然ないわよ!!!どうしてそこで
 そんな名前が出てくるのよ!!!
 今日は私の誕生日1週間前記念日でしょ!!
 なのに、どうして千早の番組なんて収録してるのよ!!!
 私なんて昨日から……やっぱり、いいわ」

ディレ1
「伊織……もしかして楽しみにしてたのか?特別番組?」

伊織
「そ、そそそ、そんなことあるわけないじゃないっ!
 私ともあろうものが、そんな昨日から楽しみにしてたとか
 スタジオをこっそり覗きにきたとか、そんなことするわけ」

ディレ1
「あったんだな……。よし!この後続いて収録してしまうか!」

伊織
「アンタ何言ってるのよ!千早の番組はまだ終わった訳じゃないのよ。
 千早の為にいい演出をしてあげなさいよ、フン!

千早
「水瀬さん、私なら大丈夫。たくさんの表現をすることができたから
 もう満足。次は水瀬さんの表現、見せて下さい」

伊織
「千早……」

ディレ1
「ふふ、よーし、話は決まりだ!!
 では、続いて水瀬伊織の特別番組の収録いきます!!!
 皆さん準備はいいですかーーっ!!!」

STAFF
「はい!!!」

伊織
「み、みんな……わ、私、皆の為にガンバルからね!」

ディレ1
「では『人格改造番組〜伊織を正しいツンデレキャラに導く〜』
 開始します!」

伊織
「な、なんなのよ、それはーーーっ!!!!!!


ということで次回は伊織特別番組です。しかし本業多忙の為(笑)
次回更新は5月9日とさせて頂きます。
待て次回!!!


 2005.4.22 「所属アイドル紹介」(雪歩4コマ)を更新いたしました!
春うらら、散った桜が世界の全てを無垢な色に染め上げて
どことなくのどかな空気が世間に漂う中
765プロでは不穏な空気が漂いはじめていた……

////////////////////////////////////////////////////

社長
「ふう〜〜……
 今日でディレ1くんが我が765プロの事務所に
 姿を現さなくなってから10日目か……」

春香
「どうしちゃったんでしょうか?心配です……
 まさか事故とかに巻き込まれたんじゃないでしょうか?」

やよい
「電話とかメールとかは通じないんですか?」

社長
「私は男の連絡先を自分から尋ねるような器の小さい男ではない!
 だから、そもそもディレ1くんの連絡先など知らない!」

春香
「そうですか……って納得しそうになりましたけど
 社長って『社長』っていうくらいですから、連絡先とか
 知っていないとおかしいんじゃないですか?」

伊織
「社長なんかに聞いたってムダよ、春香。
 全くあのバカどこに行っちゃったのよ……」

やよい
「伊織ちゃん……伊織ちゃんもディレ1さんが心配なんだね」

伊織
「ふ、ふん!だーれが心配なんかしてやるもんですか!
 普段の行いが悪いからよ!
 だってこの前も 『セブンイレブンで買い物していたら
 合計金額が777円だったので、財布から1000円札を出したら
 店員さんがおつりを333円だしたので、一瞬どうしようか迷った
 けど結局そのまま渡されたおつりを持って帰った』
って
 言っていたもの!きっと神様のバチがあたったのよ!」

やよい
「今の話にバチがあたるようなところあったかな……」

伊織
「……やよい〜、あんたも同じことやりそうね……
 そうだ!そういえば、他にも
 『4月のはじめに吉野家で吉ブーのストラップがもらえる
 キャンペーンをやっていて、豚丼を食べると引き換え券が
 1枚もらえるんだけど10枚集めないと、いい奴がもらえないんだよ。
 でも10杯も食べるのはしんどいなあって思ってたら
 隣の席の人がお勘定をした後、引き換え券をお店の入り口の
 ごみ箱に捨てたのが見えたんだ。でも、券はごみ箱に入らずに
 玄関先に落ちてしまったんだよ。
 どうしようか迷ったんだけど……残りを慌てて食べて
 拾って帰った』
って言ってたこともあるわ!」

社長
「お、おそろしい……。なんという所業だ。
 まさに鬼畜としか言いようがないな……」
 
春香
「……そうですか?まあでも
 良い行いとまではいかないかなぁ」

伊織
「そういえば……
 『どういう訳か自宅のエアコンのリモコンの電源を押すと
 エアコンの電源と同時にTVの電源が入ってしまうんだ。
 寝る前なんかにエアコンつけるとTVまでついちゃうからうるさくて
 エアコンつけるごとに、いちいちTVの電源を
 TVのリモコンで消す作業が発生してしまい
 大変困っていたら、最近になって今度はTVの電源を押すと
 エアコンの電源が消えるようになり、
 どういう順番でリモコンを押したらいいのかが
 わかなくなってきて鬱になってきた』
とか言ってた……」

春香
「まさか、それで世を儚んでしまって、どこかで……!!」

やよい
「わああ、心配です!!!」

社長
「これはもう……決定的……私なら確実に
 この世を去る決断を下すエピソード……」
 
☆ガチャ

ディレ1
「ああ、全然終わらない……あれ?久しぶりだね春香。
 おお、やよいと伊織も……
 深刻そうな顔しちゃってどうしたの?」

春香
「ディレ1さんこそ……事務所にしばらく来られて
 いなかったんじゃないんですか?」

ディレ1
「え??ずっと奥の部屋にいたよ。
 今は追い込み作業やってるんだけど……
 これが、色々と問題発生で、そう簡単には……
 あ、皆様、アイドルマスターの動向なのですが
 製品発売の7月までにもう1度ロケテストを行いたいのですが
 携帯との連動のテスト、新仕様の調整などに時間を喰っております。
 GWにいきなりロケテストを行うことはありませんし、
 GW明けすぐということもありません。
 楽しみに待っていて下さる方達にお詫びいたします。
 また、ご報告が遅れてしまい本当に申し訳ありません。
 
 でも、ここらへんで現在の最新ゲーム画面を何点か
 公開してみようかなあと思います。
 

  その1
 ★以下画像はクリックで拡大します。
 スクリーンショット

  その2
 スクリーンショット

  その3
 スクリーンショット

  その4
 スクリーンショット

  その5
 スクリーンショット

 
 
 画面は開発中ですので、まだ変更されるところもあります。
 お、このセリフを言うと、ゲームを作っている人に
 なった気分になりますね。
 とにかく!!!!
 皆様の期待を裏切らないように鋭意開発中ですので、
 今しばらくアイドルマスターに
 お付き合いして下さいますよう、よろしくお願いします。」
 
伊織
「元気でよかったわね!めでたし、めでたしってところね!
 じゃあ、私はこれで帰るわ。おつかれさま〜〜」

ディレ1
「お、おい、伊織!あ、あれ……もう帰っちゃった……
 どうしたんだろう?」

やよい
「ディレ1さんよかったですね!
 バチが当たったんじゃなかったんですね!」

ディレ1
「バチ?何それ??」

やよい
「え?伊織ちゃんが……」

ディレ1
ぐらぁあああああああ!!伊織ーーーーーっ!!!!
 秘密だと言っておいたはずだ!!!
 しかも激しく地味なこといいやがってーーーっ!!
 オレのイメージがーーーっ!!!



大丈夫ですよ。
すでに壊しようがないくらいのイメージっぷりですから。
ということで、申し訳ございませんが、今は画面写真から
どうなるのかを予想しておいて下さい。
では、また来週お会いしましょう。(ディレ5)


 2005.4.15 「所属アイドル紹介」(真4コマ)を更新いたしました!
ディレ1です。
アイマスサイトにお越しくださっているみなさま!
ファンレター募集企画へのたくさん応募ありがとうございました!!
現在選定作業中です。ということで、作業が色々とありまして……
ああ!また呼ばれたのであとは社長にまかせます!!
では!

///////////////////////////////////////////////////

社長
「おはよう諸君!さて本日の指令だが……」


「はい!どんな指令でも申し付けてください!」

社長
「うむ、その心意気や天晴れ!
 そちは城下の噂を知っておるか?夜な夜な首が
 伸びるという、まことに奇怪な鳥のはな……」

律子
ちょっと!どこまでその寸劇は続くのよ!!
 真、アンタがそこでツッコまないと社長が調子づいちゃうでしょ!
 大体首が長い鳥はダチョウでしょ?」

社長
「おお!相変わらず秋月くんは厳しいな!ハハハ!
 そうそう、今日の指令というのはだね、ディレ1くんから
 『今日は業務多忙の為にサイトブログはお休みします』
 と言っておいてくれと言われたのでね、そのなんだ
 まあ、女の子にかわいく言ってもらおうと思って君達を
 呼んだわけだよ!!ハハハ」


「え!かわいいですか……エヘヘ……テレるなあ」

律子
「……自分で言うのも何だけど、人選間違ってない?」

社長
「いや、そんなことないだろう。
 さあ、菊地くんドドーンとやってくれたまえ!」


「ええ!!イキナリですか??
 え……あの、きょ、きょうは、ディレ1さんがぁ……
 ぎょうむたぼうなのでぇ……
 うわあ!!や、やっぱり、かわいくなんてできません!
 こういうのは、伊織とかの方が絶対に適任ですよ!」

社長
「いやあ、それじゃあ、しゃべれなくて照れる顔とか
 モジモジして真っ赤になった顔とかが
 見れないじゃないか」

律子
「社長はどんな趣味なんですか!!
 それ聞いちゃった以上、私はぜーったいに言いませんよ!!」
 
社長
「むう、困ったな……
 では雪歩くんとはどうかな?」

雪歩
「あのぉ……誰か私を呼びましたか?」

社長
「おお!雪歩くんじゃないか!
 そうそう、キミを呼んだのだよ!!!タイミングいいねえ!
 ところで、今から、このメモに書いてあるセリフをなるべく
 かわいく読んでくれるかね?」

雪歩
「ええええっ!か、かわいくですか……
 私にできるかな……
 とりあえずやってみます……
 えーとぉ
 『本日のぉ、新・松●坊頭の判らんことは全部俺に聞け!は……』」

律子
「うわーストップ!
 ちょっと!アンタどの部分を読んでるのよ!
 それT社でしょ!他社でしょ!!」
 
雪歩
「あわわ!ご、ごめんなさ〜い……
 えーと、あ、ここを読めば言いんですよね
 『本日のぉ、蛸坊主の●鉛筆は……』」

律子
「だから、どの部分を読んでるのよ!!
 なんで他所の競馬予想のコラムについて語ろうと
 するのよ!!
 そして、どうしてなんとか坊主ばっかりなのよ!」

雪歩
「……やっぱり坊主だけに」

律子
「??坊主だけに??」

雪歩
「すべっちゃいましたね。エヘヘ」

律子
「……………」


「アハハ!!おもしろいじゃん、雪歩!
 うん、何黙ってるんだ律子?はは〜意味がわかんないのか?
 今のギャグの意味は坊さんの頭がつるつるだから
 すべるってことで」

律子
「別に意味がわからないから黙ってた訳じゃないわよ!!
 あまりのつまらなさに、声がでなかったのよ」

社長
「いやー、今のギャグはおもしろいと思うがねえ。
 雪歩くんのギャグは天下一品だね!
 おお、そうだ!!
 そろそろお昼だから、天下一品にラーメンを食べにいこう
 じゃないか。皆におごってあげよう!」

律子
「でも、あそこのラーメンはこってりしすぎだから
 女の子としては、おもいのよね〜」


「お店まで走っていけばいいんだよ。
 お腹が空けばこってりの方が全然おいしく感じるもんだよ」

雪歩
「えー、でも結構遠いですよ??
 新宿、渋谷……どこが近いかなあ」

社長
「わははは!いやいや、行ってみればわかるだろう!!!
 それじゃあ、行こうか!!!」

女の子達
「はーい!」


☆バタン


ディレ1
「………………
 結局いつもと同じじゃねえーか!!!!!!!



ということで
いろいろな準備を行うためにプロジェクトメンバー一同
本業多忙(?)中でございます!!
え?あの情報はどうしたんだよ!って??
詳細が決まり次第、当サイトでご報告いたしますので
もうしばらくお付き合いの程よろしくお願いします!
期待持たせてスミマセン!現在いろいろと行動中です!!!
では、また来週(?)!!


 2005.4.8 「所属アイドル紹介」を更新いたしました!
エイプリルフールの頃はまだまだコートが手放せない気候でしたが
この頃はいきなり暖かくなり、なんだか、すっかり
4月だなあという感じですね。
それもそのはず、大陸から張り出した高気圧がって
しつこいですね。
なぜだか、天気予報のまくらの挨拶のような感じではじまりましたが、
実際桜が咲き誇り 街の色も空気もいきなり春になりました。
春といえば、皆さんは何を想像されますか?
神様なら何を創造されますか?
とまあ、すぐに脇道にそれるわけですが
新入生だったころを思い出される人
花見で騒いだ楽しいことを思いだされる人
サクラ散り、ひねた気分で予備校の門を叩いたことを思い出す人
せつない別れ、青春という名の幻影を思いだす人
それぞれだと思います。

しかし、やはり春といえばアレではないでしょうか?
そう!!
山●パン祭りです!
ということで、アイドルマスターでは今週から
キャラクターの紹介をかねた
4コママンガ祭りを開催します!!!!!強引に!!!!!
少しづつ増やしていきますので、お楽しみ頂ければと…フア…
思います。
ゲームの方は、そろそろ!3回目の……
………
……
ああ、急に眠気が……
春眠……暁を覚えず……ですね……
……
ま、また来週に……グー………


 2005.4.4 サイトブログを更新いたしました!
今回は天海春香誕生日特別企画です!

-----------------------------------------------
春香
「皆さん、おはようございます!天海春香です!
 なんと!今日のサイトブログは私こと天海春香誕生日記念
 ということで メインパーソナリティをやっちゃいます!!
 やったー!わー、ひゅー、パチパチパチ〜っ!!
 ようやくヒロインらしい展開に……
 というわけでして、今日は私の魅力をたっぷり伝えていこうと
 思います。
 それで、そのためには、今日の番組で何をやればいいのかな〜って
 昨日から考えていたんですけど、
 やっぱり、私の得意技はお菓子作りということで
 とってもおいしい、春香ちゃん特製シュークリームのつくり方を……」

☆ガチャン(スタジオの扉が開いた音)

医師団
A「お邪魔いたします」
B「お!あの本番中ってランプがスタジオってイメージだなあ」
C「おい!ちゃんと挨拶しろよ!」

春香
「うわぁあっ!だ、いえ、あの、どなた…達ですか?
 は、白衣を着て、聴診器を下げて
 カルテっぽいものを小脇に挟んだ集団ってまさか……」

医師団
A「オホン、申し遅れました。私達は見ての通り」
B「メロン記念日です」
C「違うだろ!あ、医者です、医者。ほら、白衣着てるし」

春香
「……本当は芸人さんとかですよね?しかもオンエアバトルで
 TVに映ったことがない系の?」

医師団
A「いや、私達は医者だよ。少々特殊なカテゴリーの医者ではあるが」
B「いやー年をとると、ここら辺がズキズキ痛いんだよね〜」
C「それはカタコリーだろうが!いや、あの、今日はですね、
  天海春香さん、あなたを診察する為にやってきたんですよ」

春香
ええええええっ!!聞いてませんよ?!
 だ、誰に頼まれたんですか??
 あ!そうか、ディレ1さんが呼んだんだ!そうですよね?
 でも、そもそもどうして?」

医師団
A「いえ、あの方は関係ありません」
B「私達はあなたのガーディアンスピリットに呼ばれて参ったのです。」
C「お前は江●かよ!いちいち話の腰を折るから前に進まねえだろ!
  ああ、すみません、脱線してしまいました。
  実は私達はですね、あなたの活動を見ていて
  『春香さんはある症候群かもしれない』
  という疑念を抱いたのです」

春香
えええええっ!!!私何かの病気なんですかっ!!!
 そ、そんなあ!!!」

医師団
A「いえ、健康には全く問題ありません」
B「というわけで、早速服を脱いでくれるかな?」
C「健康に問題はないって言ってる上に、セクハラなこと言うな!!
  いえいえ、今日は私達がもってきたテーマに沿って
  トークをしてもらえればいいのです。それで大体わかりますから」

春香
「は、はい、わかりました。まあトークのほうが番組らしくって
 みんなに私のことをわかってもらえるチャンスかもしれませんね!
 今日はよろしくお願いします!」

医師団A
「では、最初の質問です。
 『あなたには幼馴染がいます。彼は隣の家に住んでいて、
 同じ学校に通っています。あなたはどうしますか?』


春香
「ど、どうしますかって、何を答えたらいいんですか?????
 そりゃあ、隣の家に知り合いの人が住んでたら挨拶くらいは
 すると思いますけど……」

医師団A
「朝、彼の部屋に勝手に忍び込んで起床の手伝いをするくらい
 言わないとマズイですね……
 さらに言わせてもらえれば、
 彼の目の下あたりまでかかっている髪の毛を見て
 『そろそろ髪切ったほうがいいよ〜』というお節介もやくべきですね」

春香
ええーっ!!勝手に他人の部屋に、しかも男の子の部屋に
 入るなんてできませんよぉ!!
 しかも、いきなり人の髪型にケチなんてつけられませんよ」

医師団A
「では、登校時はどうしますか?」

春香
「ええ?登校ですか?天気が良くて元気な時は自転車で行きます。
 雨の日はバスですね!
 慌てるとコケちゃうから、わりと早めに家は出るようにしてます!」

医師団A
「……幼馴染と2人で遅刻〜遅刻しちゃうよ〜という
 慌てた感じの登校ではない ということですね?
 それでは
 『オイ!どうしてちゃんと起こさなかったんだよ!
  お前のせいで遅刻しちゃうじゃないか!』
 『起きなかったのは●●くんでしょ!も〜う、どうして毎日
  こうなるのよ〜』
 という会話もあり得ませんね……
 朝ごはんはどうしているんですか?」
 
春香
「あ、ちゃんと食べるようにしてます!お菓子も好きですけど、
 白いご飯も好きです!」

医師団A
「重症だな……交差点でのパンフラグの発生はあり得ない……と、
 うむむむ」

春香
えええ!!パンフラグって何のことですか????
 しかも、毎日きちんとご飯食べてるのに重症なんてっ!!!
 わ、私何を調べられてるんですか!」

医師団B
「春香さん、次の質問です。
 『あなたがころんだ拍子に、いきなり古代エジプトとか、
 赤い河のほとりとか龍がいる古代中国っぽい世界とか、
 剣と魔法がはびこる異世界なんかに行ってしまったら
 どうしますか?』

 
春香
「ええええ?異世界ですか??……1人だったら困りますよね。
 ツアーガイドの人がいたらいいかも。今言われた旅行って
 HISのツアーとかにあるんですか?」

医師団B
「近畿日本ツーリストでもHISでもミルでも、そのようなツアーは
 ありません。
 春香さんは、いきなり異世界なんてロマンティックだわ!とか
 ヒッタイト人の王様に見染められたいわ!とか
 現代と過去をいったりきたりしたり、あちこちの国に
 囚われたりしたいわ!とか 思わないのですか?」

春香
「えええ、だってTVとかも見れないし、友達にも会えないし……
 それに トップアイドルも目指せないし」

医師団B
「おおお!!今のいいですね。いい回答です。そういうのもありですね」

春香
「なんだかわかりませんけど、褒めて下さってありがとうございます!」

医師団C
「では最後の質問です!
 『あなたの好きな男性を慕うカワイイ後輩がいます。
 あなたはその後輩のことを良く知っています。
 男性も後輩のことを悪くは思っていないようです。
 あなたはどうしますか?』

 
春香
「え?う〜ん、それは困りますね……。今までで1番悩んじゃうかも……」
 
医師団C
「きまぐれな答えじゃ困りますよ!」

春香
「そうですね。特に何もしないです。
 私は私にできることを精一杯やりたいと思います。
 その姿を見て好きになってくれるような男の子じゃなかったら、
 私からふっちゃいます!」

医師団C
「いいですね。ちなみに、
 あなたにいきなり4人の血のつながらないお兄ちゃんができたら
 どうしますか?


春香
「お、お兄ちゃんがいきなりできるんですか?困る気がするんですけど……」

医師団C
「ほほーーー……わかりました。では、あの少々お待ちください」

医師団B
「…では、天海春香さんの診断結果です。診断シートを良く見て、
 これからの行動に役立てて下さい。
 いやいや、心配しましたが、まあ、ヒロイン属性は高めですので、
 このままヒロインとしてより高みを目指すための精進をした方が
 よいですね。
 ただ幼馴染属性が低すぎますね……
 あとで、ご実家の方に幼馴染を出しておきます。
 1日1回の服用ですので。
 それでは、おつかれさまでした。
 
 ////////////////////////////////////////////////////
 ヒロイン属性○
 *目標のために、努力をして、周囲の人に徐々に味方を
  つくっていく系。いきなりピンチになったりすることも多い。

 幼馴染属性×
 *面倒見がよく、料理がうまく、秀才で、学校じゃモテモテだが、
  なぜかダメな幼馴染の男の子にだけ弱い系
 
 妹属性×
 *妹。血がつながらなくても良い。むしろ繋がっていたらダメだろう

 メガネ属性×
 *メガネをしている。伊達メガネはダメらしい。
  メガネのフレームから見える段差が良いらしい。

 なにわ娘属性×
 *関西弁。ちゃきちゃき系。お金にがめつい。
  たこ焼きのことをバカにされると怒る。

 ドジっ娘属性○
 *よくコケる、よく穴に落ちるなど。注意をしたそばから、
  同じことをしてしまう系

 天然属性×
 *言動・行動全てが周囲のペースを乱す。本人はいたって普通だと
  主張したりする系

 元気属性○
 *元気がとりえ。部活に入っていることが多い。
  特にバレー部が多い。

 巨●属性×
 *胸の辺りが大きい。ホモサピエンスではないくらい
  大きいのもいる。
 
 貧●属性○
 *胸の辺りが小さい。スレンダーという素敵な言葉で変換できる。

 獣属性×
 *なぜか体に動物のパーツがついている獣人系。
  または21世紀だが山奥でジジと2人暮らしをしていて
  お金というものを見たことがない
  また、街中でもどこでも着替えちゃって、おいおいヤメロよ!と
  周囲が慌てる系

 姉属性×
 *姉。実の姉や義理の姉、また近所のお姉さんなど多岐にわたる。

 先生属性×
 *家庭教師や学校の先生など。凛々しさがポイント。

 高嶺属性×
 *成績ALL5、神々しいまでの精神性を持つ者。みんなを
  愛している。

 悲劇属性×
 *実はお母さんと死に別れたなど、何か哀しい過去・現在を
  持つなど。

 理系属性×
 *マッドサイエンティスト、天才科学者など。単独よりも
  他の属性と併発することが多い。

 情報屋属性×
 *学校新聞記者、クラス内のはなつまみものなど。

 委員長属性×
 *学級委員長、美化委員長、図書委員長のみとする。
 
 キレイなんだけど……属性×
 *使えない男部下2名がいる生徒会長や、金持ちの会長の孫娘系
  ポジション。ドロンジョ系。
 ////////////////////////////////////////////////////」

春香
え?え?えーーーーっ??
 なんなんですか?これ??????
 一体の誰に何の診断をされたんですかーーっ???
 え、もう番組時間が来たんですか?
 そ、そんな、こんなんじゃ私の魅力が何もお伝えできませんでした
 っていうか
 わああ、どどど、どうしようーーーっ!!
 
 あ、あの、皆さん……これからも天海春香を
 よろしくお願いします!!」

幼馴染
「じゃあ、帰ろうよ、春香」
 
春香
う、うわー、あなた誰なんですかーーっ!!」 



というわけで、なんなんでしょうか?今回は???
皆さんも診断してみてください(笑)
そろそろ新しいゲーム情報も出していきたいですが
もう少々お待ちください!!ではまた!!!

 2005.4.1 緊急告知を掲載いたしました!
いよいよ春の陽気が感じられるようになってきた今日この頃ですが
本日は、そんな爽やかな陽気を一気に沸騰させるような超重大な発表があります。
それは……

アイドルマスターコンシューマー版の発表です!!!家庭用ですよ、皆さん!!!
どこよりも早い独占情報公開です!!!
さあ!!気になる詳細はこちらをご覧ください!!






アイドルマスターコンシューマー版







見てしまった人へ
……まあ、ほら、お約束ですし。

 2005.3.25 サイトブログを更新いたしました!
ファンレター募集企画にたくさんのご応募ありがとうございます!
しかし、妙にファンレターの少ないキャラクターもおりますので(笑)
まだまだ、どんどん、いけいけ募集中です!!ということで
よろしくお願いします!!

ということで、今週は高槻やよい誕生日特番(テキストのみ)です。
音声は脳内補完の方向で……

--------------------------------------------------


やよい
「えーと、3月25日は私の誕生日ということで
 今回のぱーそなりてぃをやることになりました、高槻やよいです!
 よろしくお願いしまーす!!

亜美
「えーと、亜美もやよいっちが変なこと言い出さないように
 今日はぱーそなるーむをやりまーす!!」
 
真美
「亜美〜、なんか違くない?
 まぁ、いいや!真美もぱーそなるーむをやるーっ!」

やよい
「亜美と真美が一緒なら心強いな!でも、今日は
 何を話せばいいのかなあ?」

亜美
「う〜ん……何か、自分のこととか話せばいいんじゃないの??
 趣味とか、特技とか」
 
真美
「そんなのおもしろくないよ〜。りすなーは
 常に刺激を求めているんだよ」

やよい
「しげき?しげき感激〜☆ってやつかな?
 TVで見たことあるかも!」

亜美
「じゃあさ、やよい感激〜☆ってモノマネすればいいじゃん!」

やよい
「亜美、うまいうまい!」

亜美
「亜美がやっても意味ないじゃん。やよいっちがやらないと
 番組になんないよー」

やよい
「そうだよね。やってみる!やよい感激〜☆

真美
「できたじゃん!やよいっちの新たなる伝説のスタートだね♪」

やよい
「じゃあ、これで番組終了でいいのかな?」

亜美
「え〜!まださあ、街角れぽーとのコーナーとかやってないじゃん!」

真美
「えー!誰がレポートしてくれるの?ジャニーズジュニアの人とか??」

やよい
「ジャニーズって何?ユニーなら知ってるけど。
 あ、最近英語の授業で習ったの思い出した!
 ユニーの複数形がユニーズなんだよね?」

亜美
「何いってるのかが、良くわからないよ、やよいっち〜」

真美
「真美、サミットとかの話なんてしてないよ〜」

やよい
「サミットじゃなくて、ユニーだよ。私の家の近くには
 ユニーしかないんだもん。
 あ、お母さんに聞いたんだけど、ポイントカードは
 たくさん持つより、1つに絞った方がお得なんだって!」

亜美
「いってんとっぱ、ってことだよね?」

真美
ええ!亜美ってば、いきなり大天才じゃん!」

亜美
「ふふーん、まあーね♪これからは亜美のことを雑学王って
 呼ぶよーに!」

やよい
「ざつがるごう、すごーい!いってんとっぱって言うんだね。
 お母さんにも教えてあげるよ!」

真美
「あのさあ、ほんで、結局街角レポートってあるの?」

亜美
「しんないよ。そうだ!亜美達が外に出てやればいいんじゃないの?
 『おきゃくさーん、いい娘いるよ?よってかなーい』
 って感じでやればいいんだよね?」

やよい
「あー、そういう人、街角で見たことある!!あれはみんな
 街角れぽーたーさんだったんだね!」
 
真美
「なるほど〜!亜美、今日はあえぎまくりだね!」

やよい
「じゃあ、外行こうよ!今日はいい天気だし、気持ちいいと思うんだ〜」

亜美
あ〜っ!!!やよいっち、真美!!」

やよい・真美
「なに?」

亜美
「そういえば駅前のシュークリーム屋さん、今日オープンだよ!」

真美
「あ!今日だけ1コ50円になるんだよね!」

やよい
ええ!!それは行かないとダメだよ!
 でもシュークリームはぜいたく品……うう〜っ、悩む……!」

亜美
「じゃあさ、じゃあさ!
 ディレいっちーに、おごってもらえばいいんだよ!」

真美
「そうしよー、そうしよー!!!

 ☆ガチャン(スタジオのドアを開けた音)

 よし!でぃれいっちーくんっ!!チミに命令を与える!
 真美達にシュークリームをおごってくれたまえ!
 ……
 あれ、なんか反応ないな〜
 うん?なんだか青い顔してるな?寝てるのかな??
 あ、あわ吹いてるよ?」
 
亜美
「ぎゃははは!カニさんみたいだね!
 うん?全然動かないなあ、ほれほれ!」

やよい
「たぶん疲れてるんだよ。寝かしておいたあげた方がいいよ〜
 2人とも〜」

真美
「じゃあ、そーしよー!!
 とりあえず駅前にしゅっぱーつ!!

亜美
「うーん、社長どこにいるんだろうね?シュークリ、
 ゴチしてもらわないとね♪」

やよい
「じゃあ、いってきまーす!!!イエイ!!


番組終了

--------------------------------------------------

ディレ1
「…………」


本日はディレ1があまりの番組内容に気絶したままですので、
特につっこみもないままサイトブログ終了とさせて頂きます。
ではまた来週の更新をお楽しみに!(ディレ5)

 2005.3.18 「スタッフの楽屋ウラ」を更新いたしました!
        ファンレター募集企画をオープンいたしました!
今日はマジメに応募企画の説明です。
ええ、そりゃあ、もうマジメですとも。


社長
「やあ、諸君!今日は諸君に重要な話がある。
 ぜひ聞いてくれたまえ!
 ではディレ1くん、頼むよ!」

ディレ1
「はい!えー、では僭越ながら……
 765プロダクションでは今週より2週間
 このページを訪れてくださいました皆様から
 『アイドル達へのファンレター』
 を募集させて頂きます!
 ゲームをロケテストやAOUショーでプレイされたことのある方
 ゲームをプレイされておられない方問いません!!
 男も、女も、オカマも、オナベも
 世界の生けとし生ける皆様、全てターゲットです!!」

社長
「詳細は特設ページを見てくれればわかると思う!!
 というわけで、この話題は一端おいといてだな……」

ディレ1
「いや、まだ全然説明できてないですよ!!
 皆様には
 9人の女の子達のプロフィールや、ムービーを見ていただくか
 今お読み頂いておりますサイトブログの
 過去ログに彼女達の赤裸々なところが掲載されておりますので
 そちらをお読みいただきまして
 ファンレターを送りたい女の子を決めて頂きます。
 このサイトに来たのがはじめてだから、よくわかんない!という人は
 もう第一印象で決めちゃって下さい!!
 直感は大事です!
 
 それで、この女の子がいいなあ!と決めていただいたら
 投稿フォームよりレターを送信して頂きます。簡単便利に
 ファンレターの出来上がりです!!
 内容は自由です。皆様の想像の翼を広げてください。
 川柳でも、ギャグでも、告白でも、愛の詩でも、ネタでも、ギャグでも
 宣伝でも、ギャグでも……
 何でも良いです!!
 ネカマになってみてもいいし、謎の紳士になりきってもいいです!
 ファンレターのバーリトゥードです!!」
 
社長
「まあ、それはそれで、次の話題に……」

ディレ1
「いや、だから、きちんと説明しないと皆さんに迷惑でしょ!!
 送っていただいたファンレターは、ディレーズ含むSTAFF達で
 厳正なる審査で、取捨選択させていただき
 見事選ばれたファンレターは、本当に、実際に、ゲーム中に
 〇〇〇へのファンレターということで登場します。
 審査基準は特にありません。心が動かされたら、
 もうどんどんOKって感じです!
 採用数は、未定ですが
 100通くらいは採用したいなあと考えております。
 奮ってご応募下さいますよう、よろしくお願いいたします。」

社長
「説明は終ったかい、ディレ1くん?」

ディレ1
いえ、まだですっ!!!!
 締め切りは4月1日とさせて頂きますが
 STAFFの作業量などにより、多少前後する可能性もございます。
 その時は事前に告知いたします。
 では、あらためて、皆様の愛をお待ちしております。
 ということで、大体話は終りましたが……
 何か重要案件があるんでしょうか??」

社長
「いやね、最近ニュースとかワイドショーに
 漫画家の江川達也が良くでてるなあ〜
 と思ってたら、ライブドアの元専務だったんだよ、ハハハ!!」

ディレ1
「…………それだけですか?」

社長
「そうだ」

ディレ1
なんじゃそりゃっーーーー!!!!!!


ということで、皆様のご応募お待ちしております!

 2005.3.11 「スタッフの楽屋ウラ」を更新いたしました!
今回のサイトブログは特別版です。何が特別かって?? まあ、
とりあえず読み進めていって下さればわかると思いますよ。ええ。
でも、本当は……い、いや、何でもないですよ!!レッツラゴー!!


雪歩
「はあ……今日は事務所じゃなくて
 スタジオ現地集合なんて……
 一体何があるんだろう…
 ディレ1さんに『お前だけダメダメだから地獄の特訓だ!』とか
 言われるのかなぁ……」

ガチャ☆

雪歩
「おはようございまーす。ディレ1さん、到着しましたー。
 あ、ディレ1さん、そこにおられたんですか。
 え、あれ、ディ、ディレ1さん?どうしたんですか?
 何黙っているんですか?
 今日はいつもみたいに、うるさくないですね?」

ディレ1
いつもうるさくて悪かったなっ!!
 あ、いかんいかん!!今日は特別な日だからな、
 怒るのはやめないとな。ふふふ、雪歩良く聞くがいい!」

雪歩
「は、はい」

ディレ1
「今回のサイトブログは、ロケテスト人気ランキング2連覇
 ご褒美特別企画として、雪歩特番を企画したんだ!!!
 なんと!!この番組は全国放送するつもりだ!!
 さあ、雪歩の魅力をもっと全国の皆にアピールして
 人気を不動のものにするんだ!」

雪歩
「ええええええっ!!!
 そ、そんないきなり……あ、あの私番組とか全くやったことが
 ないんですよ??」

ディレ1
「そこは、ほら、アイドルなんだからうまくこなさないと。
 大体うまくこなさないと、律子、伊織の悪魔超人コンビから
 何を言われるか……」

雪歩
「わ、わかりました。じゃあ、あの……
 が、がんばります……」

ディレ1
「よし!がんばれ!
 とは言ったものの……大丈夫かな……
 さすがのオレも少し不安だ……
 全国放送できるのかな……??」


という訳で今回は本当に雪歩特別番組を収録!!!
続きは音声でどうぞ!!!(約9分間・7.5M)
本当に音声が出ますので、ボリューム設定などに
気をつけてくださいね。
■音声をお聞き頂くためには、マクロメディアフラッシュプレイヤーが必要です。


そして聞き終わってしまった人へ……
あなたが寛大な人物であることを心の底から祈っております(笑)
うわぁ、今になって落ち込んできたーーーーっ!!!
(↑聞いていない人にとっては謎のセリフ)


という訳で皆様!!
ディレ1はこんなことばかりしている訳ではありませんよ!!!!!
現在どんどん追い込み作業中です。
皆さんのご意見をもとに、新システムがいくつか入りますので
今までより考えねばならない要素が増えて
より楽しんで頂けるのではないかと思っております!

そんな訳で、来週は皆さんにあるものを募集します。
ふふふ、川柳ではないですよ。
ゲームに実際に登場するあるモノを皆さんに募集します。
かなりの人数を採用いたしますので、来週に何が起こるか
予想しておいてください。
では、また来週お会いしましょう!!

 2005.3.4 「ロケテスト情報」「スタッフの楽屋ウラ」を更新いたしました!
        「イベント情報」(AOUレポート)を更新いたしました!
今日の765プロダクションの朝は、
いつもより少し不思議(SF←by藤子・F・不二雄)な雰囲気で
はじまる……


ディレ1
「ふんふん〜、今日も1日労働のはじまりだ〜♪
 えーと、事務所のカギはと……あ、あったあった……
 さてと、今日は社長いるだろうな……また車掌だったらどうしようかな
 うん?カギが開いてる??変だな、いつもは開いてないんだが……」
 
雪歩
「あ、おはようございますディレ1さん。
 えへへ、今日はいつもより少し早く目が覚めたんで早めに事務所に
 来たんですけど 開いてるかな〜って心配してたんです。」

ディレ1
シイっ!雪歩、少し静かにした方が良い。
 事務所の中から誰かの話し声が聞こえるんだ……」

雪歩
「ええっま、まさかドロボウさんじゃあ……」

ディレ1
「盗まれるものは何もない気がするけどな。ちょっと待っててくれ。
 ドアに耳をつけて、少し確認してみる……」


 ……うっすらと話し声が聞こえる……
 

社長
「ま、まさか……あの……えもんが……信じられん…」

律子
「そうね……想像もしなかった……すでに17%か……」

社長
「対抗策として………発行するしか……新聞や……」

律子
「その話は、皆には……」

社長
「いや、しかしこのままだと……裁判沙汰になると……」

律子
「…乗っ取り……」


 ……少しづつ声が小さくなる……


雪歩
「あ、あの、どうだったんでしょうか?ディレ1さん、怖い顔してます……
 やっぱり、ど、ドロボウさんだったんですか……
 わ、わたし怖くて怖くて、ううう」

ディレ1
「あ、いや、ドロボウではないよ。安心していい。
 どうも、オレも良くわからないんだけどさ……
 社長と律子の2人が何か話しているんだ。
 珍しく真剣な声で話し合いをしているから、事務所には
 入らない方がいいと思うんだが。秘密っぽい感じだったし。
 ……でも、何やら嫌な予感がする会話をしていた気がする。」

雪歩
「ディレ1さん、わ、私がいるじゃないですか。」

ディレ1
「え?」

雪歩
「そんな不安な顔をしないでいいですよ。
 あの……ここは名探偵雪歩がズバッと解決してみせます!
 2人は一体どういったお話をされていたのか、詳しくお話して
 もらえますか?」

ディレ1
「あはは、名探偵雪歩か。
 そうだな、じゃあ、相談しようかな。いや、オレが聞いたのは
 断片的な単語ばかりなんだけどな……」


……そして、ディレ1は雪歩にドア越しに聞いた会話を話し出した……


雪歩
「なるほど。
 それら事実から類推すれば、自ずと答えは導かれます。
 理(ことわり)は、いつも1つなのです」

ディレ1
「おおおっ!!何だかいつもの雪歩と違って
 自信に満ち溢れているっ!!
 変なオーラすら感じるよ!!」

雪歩
「今起こりつつある事実は……
 ホリ●モンによる765プロ買収です!!

ディレ1
ええええええええええええええっ!!!!!
 ま、まさかなあ、と思ってたんだけど、やっぱりそうなのかな??
 で、でもいくらなんでも765プロ買収はないだろう?」

雪歩
真実は1つです

ディレ1
「こ、ここまでハッキリ言われると、さすがに信じたくなるな……
 やはり765プロの株が買い占められているということなんだろうか?
 でも、すき屋で食べる晩飯が1番の贅沢というオレに
 協力できることがあるかな……、相手は総資産が数百億だと
 聞くし……」

社長
「廊下で何をしているんだね、2人とも?」

ディレ1
う、うわっ!しゃ、社長、おはようございます!
 あ、あの、オレにできることだったら、何でもします!!!」

社長
「はあ??何を言っているんだね???」

ディレ1
「オレ達に秘密なんて、そんな水臭いことしないで下さいよ!
 765プロは、ホリ●モンに買収されようとしているんでしょう!!

律子
「何か廊下がうるさいなあと思って耳をそばだてていたら、さっきから
 ディレ1は何言ってるの?あ!雪歩久しぶりね〜」

雪歩
「あ、おはようございます、律子さん。あの、その、実はさきほど
 社長と律子さんが事務所で話しておられた秘密のお話を
 聞いてしまったんです。
 だから、私達、あわててしまって……」
 
律子
「へ?さっきの話っていうと、ドラ●もんのこと??
 さっきまで私達が話していたのは……」


 ……会話クリアバージョン……


社長
「ま、まさかあのドラえ●んの声優が変わってしまうとは……
 信じられん……」

律子
「そうね想像もしなかったわ。ていうか、その話題かなり旧いわね。
 まあ、すでに視聴率も17%くらいらしいし、最盛期に比べれば
 寂しい数字よね」

社長
「やはり、ここは声優変更反対の対抗策として
 わたしが同人誌を発行するしかないだろうな。いや学生の頃は
 アジテーションが得意だったからね。新聞や思想同人誌を出すのは
 お手のものだよ!」

律子
その話は、皆には言わないほうがいいわよ。
 学生運動上がりのおっさんが社長だなんて、
 事務所のウリにならないわ。
 ウリにしてるのはどこかの予備校くらいよね。」

社長
「いや、しかしこのままだと、皆も反対運動の手段を失うからなあ。
 あ、でも版権モノを社長自らが使ってたら、裁判沙汰になるという
 気がするなあ」

律子
「まあ、やはり法律に乗っ取り、活動した方がいいわよ」


 ……会話クリアバージョン終了……

律子
「……とまあ、こんなことを話していただけなんだけど??」

ディレ1
朝っぱらから、訳のわからん話をしてるんじゃねえっ!!!!!

雪歩
「す、すみません。私の推理が間違っていたみたいです……
 17%という数字の解釈さえ間違えなければ……」

ディレ1
いや、それどころじゃないだろ!!!全然違うよ!!!!
 うわーーーー激しく時間をムダにしたーーーーっ!!
 オレの時間を返してくれっーーー!!!!!!」

社長
「あ、ディレ1くん、さっきオレにできることは何でもやってくれると
 言っていたよね?
 じゃあさ、私のかわりに声優交代反対の声明を高らかにうたった
 同人誌を書いておいてくれたまえよ!
 む、善は急げだ!今日は仕事を休んでもいいぞ!じゃあ
 がんばってくれたまえ!」
 
ディレ1
な、なんじゃそりゃあああああああっ!!!!!!
 

このサイトブログはフィクションです(笑)
では、また来週!!!来週は予定通りにいけば
スペシャル企画です!!
お楽しみに!!!

 2005.2.25 「イベント情報」を更新いたしました!
        「ロケテスト情報」(池袋リポート後編)を更新いたしました!
???
「1番線、電車が入りまーす。白線の内側まで……」

ディレ1
「ええっ?!ちょ、ちょっと!いきなり何なんですか??
 あなた誰なんですか??
 しゃ、社長は一体どこに行ったんですか??」

???
「はあ……あの、先ほど初老の男性に
『キミキミ私のかわりに事務所に行ってくれないかね?
 社長じゃなく車掌がいたらディレ1くんは驚くぞ、ワハハ』
 とか言われましてこちらに参りました。」

ディレ1
「な、なんじゃそりゃーーーっ!!!!

雪歩
「あ、あの、おはようございます。ディレ1さんは
 今日も朝からお元気そうですね。フフフ」

ディレ1
「あ、おはよう雪歩って、そんなノン気に挨拶してる
 場合じゃないんだよ!ほ、ほら、社長じゃなくなぜか
 事務所に車掌がいるんだよ!」

車掌
「どうも、おはようございます」

雪歩
「あ、あのぅ……お、おはようございます。
 ……すみません、あの、私男の人苦手なんです。
 少し離れていてもいいですか?」

ディレ1
ええ!どうして車掌が!とかそういうツッコミはないのか!
 ていうか、もう何でもありなのか、このコーナーはっ!
 くっ、この状態でどうして進行させればいいんだ……」

車掌
「大丈夫ですよ。私車掌だけに、出発進行は得意ですから」

ディレ1
「おい!!誰がそんなうまいこと言えって言ったんだよ!
 仕方ない……、今回は約束どおり1月末に行われました
 第二回ロケテストでのキャラクター人気結果
 発表するので、車掌さん、何か掛け声を下さいよ」

車掌
「はい!では、キャラクター人気結果発表、出発進行ーーっ!」

//////////////////////////////////////////////////////
第二回ロケテストのキャラクター人気結果

1位:萩原雪歩 (前回1位)
2位:如月千早 (前回3位)
3位:菊地 真 (前回5位)
4位:三浦あずさ (前回2位)
5位:高槻やよい (前回6位)
6位:天海春香 (前回4位)
7位:水瀬伊織 (前回8位)
8位:双海亜美・真美(前回9位)
9位:秋月律子 (前回7位)

//////////////////////////////////////////////////////

ディレ1
「というわけで、雪歩人気は不動という結果になりました。
 雪歩を応援してくださった皆様、本当にありがとうございました」

雪歩
「あ、あの、皆さんありがとうございます。
 たくさんの人に選んで頂いて、本当に嬉しいです」

車掌
「雪歩さん以外の女の子を選んで下さいました皆様も本当にありがとう
 ございました。」
 
ディレ1
どうしてあんたがしきるんだよっ!!
 えー、では、ディレ1なりにマジメにまとめると
 本当にあずささん、千早あたりの人気はロケテスト2回とも
 雪歩に迫らんとする勢いで、この辺りはいつどうなるか
 わからないね。
 やよいは最近ぐんぐん人気上昇中。
 真も人気上昇中で、こりゃあ、次が楽しみだね。
 春香は真ん中辺りをウロウロしている感じだね。でも、まだまだ
 上は狙える位置だね。
 伊織、律子、亜美/真美達は、多くの人に選ばれにくいけど
 どういうわけか他の女の子より熱心な固定ファンが付きやすい感じ。
 いやあ、でも、本当にありがたいです。
 今後とも皆様、9人をよろしくお願いします。
 しかし、まあ、雪歩は人気があるねえ。
 そんな訳で雪歩はサイトブログのパーソナリティとして
 前回から登場している訳ですが、さらなるスペシャル企画
 近日登場予定なので、雪歩ファンのみんなはお楽しみに!」

雪歩
「ええ、私ってメインパーソナリティだったんですか?
 知りませんでした……」

ディレ1
「うっ!そういわれれば、あんまりメインっぽくないよな……
 これでは、雪歩ファンにも怒られてしまう!!
 じゃあさ、最後は雪歩にまかせるよ。
 よーし、うまくしめてくれよ!」

雪歩
「えええっ!そんないきなり言われても……
 あ、あの、じゃあ、あの、車掌さんとかけまして……
 サッカー日本代表のFWとときます」

ディレ1
「え??そのこころは?」

雪歩
「キープ(切符)が大好きです。えへへ。
 では、あの、また次回お会いしましょう〜。萩原雪歩でした。」

ディレ1
どうしてお前はオヤジギャグばかりなんだーーっ!!

車掌
「ではまた、来週〜(?)」


というわけでまたまたグダグダなサイトブログですが
AOUまとめ記事は来週に!そしてその後もビッグな皆様への応募企画を準備しています!
さあ、このテンションをいつまで維持できるのか(笑)
では、皆様!健康な毎日をお過ごしください!

 2005.2.14 「イベント情報」を更新いたしました!
 2005.2.18 「スタッフの楽屋ウラ」を更新いたしました!
サイトブログは今週から社長・雪歩・ディレ1でお送りいたします。
……多分。

社長
「ハハハ……諸君……元気かな……
 私は……超げん…き……だ……」

ディレ1
「しゃ、社長っ!ど、どうしたんですか??いつもの
 挨拶と全然違うじゃないですか!!!
 言葉とは裏腹にメチャクチャ元気がないですよ。
 いつもの、ムカツクくらいの傍若無人な雰囲気は
 どこへ行ったんですかっ??」

社長
「ふ、ふふふ……今の私はズボラなOLの部屋でシオシオに枯れてる
 結婚式2次会で配られた花のように、もう、何も未来が残っていない
 哀れなる子羊なんだよ……涙という名のジュエルを
 心の牢獄にしまいこんだ年寄りなのさ……」

ディレ1
「正直何を言っているのかサッパリわかりませんが
 何かつらいことがあったことは予想できますねえ」

雪歩
「あ、あの……おはようございます。遅れちゃってごめんなさい……」

ディレ1
「あ、おはよう雪歩!来てそうそう悪いんだけど、あのさあ、
 社長が何だか変なんだよ。
 心当たりはないかい??」

雪歩
「え、私あんまり社長の私生活のこととか知らないんですけど
 そうですねえ……えーと、そうですね……」

律子
ジャジャン!!!
 はいっ!ここで問題ですっ!!!
 一体社長に何があったのか?皆様お手元のフリップに
 お書き下さい!!」

ディレ1
「うわっ!!!お、おい!!お前達どこから出現したんだっ!!
 それに、いきなり話に乱入してくるなよ!
 今週からは雪歩が……」

律子
「はい、皆様答えを記入され終ったようですね!
 では真さん!」


「いきなり血のつながらない12人の妹ができた」

社長
「そんな事態になれば驚喜こそすれ落ち込みはせんよ……ハア」

ディレ1
コラああっ!!!オレと雪歩を無視して進行するなよ!!
 大体そんなことが本当にあったら、困ったな、ですまんわっ!!!」
 

「じゃあ、血のつながらない義母が急に大勢家にやってきた」
 
ディレ1
「どうして、そっち方面のネタが続くんだよっ!!!
 大体だな!!今週はあくまで雪歩と……」

律子
はいっ!!春香さんも答えを書き終わったようですね!どうぞ!!」

春香
「『財布を落とした』です!……あの、もしかして答えが普通すぎますか?」

律子
「はい次は伊織さん、どうぞ!」

ディレ1
「お、おい!律子、オレを無視するのも厳しいが
 春香には何かツッコンであげなよ!!
 社長も何か愛しい春香ちゃんにコメントを……
 あ、春香ちゃん、どうして席から立ち上がってるんだい、え、あ、
 大丈夫 ここにいてもいいんだ……あ、は、春香ちゃーん!!
 うおーー!!どこに行くんだーーーっ!!!!!!

伊織
「えーと、きっと社長は『先週のケ●ロ軍曹をビデオに撮り損ねた』
 のよ!!」

ディレ1
「こら!伊織!オレを無視して進めるんじゃない!!
 大体社長は子供じゃないんだから、そんなことでヘコむ訳
 ないだろっ!!!」

社長
「それは、私の落ち込み成分の37%くらいかな……」

ディレ1
それもあるのかよっ!!!

律子
「という訳で、正解者は『なし』となりました。全員没収となります。
 ではまた来週お会いしましょうーっ!!さようならーーーっ!!!
 ほら、みんな!!帰るわよっ!!!」

ディレ1
「お、おいっ!何だかんだで折角来たんだったら、少しは
 からんでいこうよ!!!
 嵐のように現れて嵐のように消えていきやがった……
 一体何なんだ……??」

雪歩
「あのーー……ディレ1さん」

ディレ1
「あ、ご、ごめん雪歩!ほったらかしにしてしまって……
 今日はお前の日の予定だったんだが、本当に何だったんだ
 あいつら……
 で、どうしたんだい??」

雪歩
「さっきまで、みんなのいた場所、よく見てください」

ディレ1
「え……あ、何か袋が置いてあるな……
 忘れ物か??うん??あ、これって……もしかして
 チョコレート??

雪歩
「はい、今日みんなで社長とディレ1さんにチョコレートを
 渡そうって決めてたんです。実はさっきまで皆でどのチョコに
 するのか決めてたんですよ。」
 
ディレ1
「え、そ、そうだったのか……あいつら……
 次会った時には礼を言わなきゃな……
 雪歩もありがとうっ!嬉しいよ!
 あ、そ、そうだ!社長!!
 事務所のみんながチョコレート持ってきてくれましたよ!!
 うん??ははーん……
 社長の落ち込みの理由って、これだったんですね??
 今年はチョコをもらえないーーって感じで??!!!
 ほら、もう落ち込む理由なんてないですよ!!!」

社長
「……ハア……」

ディレ1
「あ……あれ??チョコを貰っていなかったのが
 落ち込みの理由じゃないの??
 今日はバレンタインデーだから、やっぱりほら、バレンタインネタで
 悩むのが普通だよね…??」

社長
「ハア……キャラ人気投票に私がカウントされていなかったんだよ……
 ダントツ1位だと思っていたんだがな……」

ディレ1
全然関係ないじゃねぇかっっっーーーーー!!!!!!!!!!!!
 しかも、アンタ、プロデュース対象キャラでも
 何でもねえよっ!!!!!!!
 ややこしい日に悩んでるんじゃねえっっ!!!!!!!!

雪歩
「えへへ、ディレ1さん、今日はチョコレートの日だけあって、
 チョコっと大騒ぎでしたね」

社長
「ははは、雪歩くん、さすがだねっ!!!
 すっかり『カカオ天下』みたいな雰囲気じゃないかっ!
 ハハハっ!!!」

ディレ1
「2人とも何『うまいこと言った!』みたいな顔してるんだよっ!!!
 その満足気な笑みをやめてくれーーーっ!!
 ええーい、今週は予定していたキャラクター人気発表が
 できなかったので 来週はどうどうと発表するっ!!!
 ではまた来週ーーーーーっ!!!!!!!!


という訳で久しぶりに復活のディレ1版サイトブログ!!!
新鮮味ゼロ(笑)のまま来週に続くっ!!!!

 2005.2.10 「ロケテスト情報」(千日前現場リポート)を更新いたしました!
こんにちは。ディレ5です。
今回こそディレ1だと期待していらっしゃった方々、
ごめんなさい。: 。・゚・(。´Д⊂)
でも、ディレ1作成の「大阪千日前ロケテレポート」
上がりましたので、是非ご覧下さい!!

大阪はアイマスにとって今回が初めての関西ロケテでしたので、
私はなんだかちょっと緊張してしまいました。
ディレ1は慣れたものでしたが…。
でも大阪VS東京は横で見ていて、私までついつい一喜一憂…。
というか、出来る事なら私も皆様と直に対戦したいです。
会社でプレイする時はいつもいつも必ずCPUのみですから…。
まあ私弱いですけれど…

それでは次回こそディレ1に戻りますので、
私が皆様にお会い出来るのは、
…2月18日〜19日の「AOUショー」ですね!
そうでした。
「アイドルマスター」AOU出展が正式に決まったのでした!
出演声優さんによるショーなども予定しておりますが・・・
詳細は次回upする予定ですので、どうぞご期待下さい!!




/////////////////////////////////////////////////////
次回予告
/////////////////////////////////////////////////////

??
「フッフッフッ・・・・・・
 ハーハッハッハッハッ!!!!!
 諸君!元気だったかね??
 というか、このコーナーがいつの間にやらサイト『ブ』ログに変更
 されていたこと、気づいていたかな?」

雪歩
「あ、社長おはようございます」

社長
「ゆ、雪歩くん、話の腰を折るんじゃない!!
 あ、話の腰折りついでなんだが、事務の小鳥さんにさ
 昨日のお昼のお弁当代金を返してくれるように言ってくれないかな?
 いやあ、昨日はお昼にパソコンのトランプのゲームのやりすぎで
 お弁当を食べるのを忘れてしまってねっ!
 しかし、小鳥さんは人間がカタいからなあ……
 『食べていらっしゃらないかもしれませんけど、実際に1つ
  廃棄した訳ですから、お弁当代は返却できません』
 とか言うんだろうなあ」

雪歩
「わあ、小鳥さんのモノマネですか?おもしろいですね」

ディレ1
こらあああっっ!!!!!!
 次回予告をしていたんじゃないのかっ!!!!!
 訳のわからん話でリソース使うな!!!
 ゲホ、ゴホ、ガハァっ!!!

社長
「おお!インフルエンザで死んでいたディレ1くんじゃないかっ!
 大丈夫かね??」

雪歩
「あ、あの、あまり咳ばかり出ると、白い線みたいなものが
 出てきちゃいますよ?」

ディレ1
「それ、何かごっちゃになってないか??
 ああ、もう、不思議時空に人を巻き込んじゃいけません!
 という訳で来週からはメインパーソナリティとして
 ロケテ1番人気2連覇の雪歩と……」

社長
「私が、素敵な時間をお約束しよう!
 さあ、独裁と恐怖の夜に打ち震えて待つがいいっ!!

ディレ1
どうしてなんだよっ!!
 とにかく次回はこんな感じになる予定です!!
 で、あの来週幕張の行なわれる
 AOUショー2日目の19日(土)ですが
 春香役=中村繪里子
 あずさ役=たかはし智秋
 律子役=若林直美
 雪歩役=落合祐里香
 亜美/真美役=下田麻美
 やよい役=仁後真耶子
 の6名と開発メンバーが参加しての、ショーを行ないます。
 1日3回(11:30・14:00・16:30)
 の予定です。
 では、アイドルマスターにもうしばらくお付き合い下さいますよう
 よろしくお願いしますっ!!!!!!

 2005.2.4 「ロケテスト情報」(ご挨拶&池袋現場リポート前編)を更新いたしました!
こんにちは、またディレ5です。
ディレ1を期待してた方々はごめんなさい(><)

ディレ1はダウンしてしまい、ここ3日間姿を見せておりません。
(自宅で療養しつつ仕事をしているようですが、
そういえば本日は何の連絡もありませんでした………
今更心配になってきました)
さらに、ディレ3のお姉さまも風邪をめされてしまったようで、
マスクをつけつつロケテレポートを書いております。
おいたわしや…

…と言いますか、
ナムコ社員、右を見ても左を見ても風邪でお休みでございます。
風邪が流行っておりますから…
タオルを水に濡らしてお部屋に干すなどして、
皆さんも風邪に気を付けて下さいね!!


 2005.1.31 「ロケテスト情報」を更新いたしました!
こんにちは、ディレ5です。

第二回ロケテストも皆様のおかげで無事終了致しましたっ!
前回のロケテに続いて再び参加して下さった方、
今回初めて参加して下さった新規の方、
本当に有難うございました(*^ワ^*)

東京では前回の中野、鶴見のロケテで参加して下さった常連さんが
とっても多く、なんと最高6時間待ち!
それでも並んでプレイして下さった方がたくさんいたと聞いて、
嬉しい気持ちと申し訳ない気持ちで…なんだか複雑です。
でも本当にありがとうですvv
大阪は今回初めての方が多かったようですが、
最終日には東京に並んで上位ランキングしたツワモノさんも
いらっしゃいました。

ロケテストの詳細はまた今週末にアップする予定です。
(↑遅れたらすみません:ディレ1記)

第三回ロケテストが行われるかはまだ分かりませんが……、
もしあればきっとまた皆さんが参加してくれる事を願って
お待ちしております。

それでは、
これからもアイドルマスターをよろしくお願いします!


 2005.1.28 「雑誌掲載情報」を更新いたしました!
ディレクターその5の「はるか」です。
奇しくもゲームキャラクターである「天海春香」と同じ名前で
あるのですが それが縁(?)で途中からアイドルマスターを
手伝っています。
今回はディレ1の石原さんが
「同じパターンは飽きたので何か書いといて」
と言い出したので私がここを担当致します。
どうぞ、よろしくお願いします。

この文章がアップされる時間は
ロケテスト真っ最中だと思うのですが
たくさんの人に来てもらえているでしょうか?
人が多すぎて、プレイできない人がでるというのも困りますが、
なるべくなら大勢の人でにぎわうと嬉しいです。

私は雪歩ちゃんで、ゲームを遊んでいるんですけど
(↑はるかじゃないのかよ!ディレ1記)
最初は「泣いてばかりだな〜」という感じでしたが、今ではすっかり
友達のようにかわいがっています。( ´∀`)σ)д`)プニプニ
とか言っておきながら、伊織にも不倫気味です……
私も伊織並みにわがままなので、どう対応したら伊織が喜ぶのか
分かりやすくて扱いが楽なのです。
皆さんはどのキャラクターを選ばれるのでしょうか?

何だか書くことがなくなってきました。
と書いていたら石原さんに、睨まれました。
来週はまた石原さんに戻りますが、またこちらに
何か書かせてもらうかもしれません。
その時はよろしくお願いします。

 2005.1.25 「所属アイドル紹介」のどこかを更新いたしました!
第二回ロケテストが迫ってきたある日……
真夜中の765プロダクションの会議室(6畳間)にて覆面会議が
行なわれていた……
*覆面会議(MASK MEETING)とは、社内派閥を越えた
 意見が活発にでることを目的に米アップル社で1987年から、
 マイケル=アイゼンCEOを中心に実践されている会議です。
 ウソです。
*今回は発言者が不明となっております。ご了承下さい。




???
「いよいよ、2回目のロケテストが迫ってきたわけだけど
 次もあの子に人気1位をさらわれるのは、さすがにマズイわね……」

???
「やっぱさ、アピールが足りないんじゃないかな?
 ほら、こう、もっと男心をくすぐる何かがボク達には足りないのかも」

???
「セクシーさが足りないのはアンタだけでしょ!
 わたしはホラ、もう、ボン・キュ・ボンなんだからね。ニヒヒ♪」

???
「どちらかというとキュ・ボン・キュだと思うんだけど」

???
……!!アンタがツッコミなんて1000年早いわよ!!!

???
「まあまあ2人とも落ち着いて。
 今は、何とか男性諸氏にアピールする方法を考えないと」

???
「やっぱ、みんな、おいろけが足りないよね。もっとせくしーな
 衣装にすればいいんだよ。ねぇー真美?」

???
「そうそう、戦隊モノの女幹部みたいな衣装だったら、絶対ウハウハに
 なるよ!」

???
「コホン!覆面を被ってる意味がなくなるような発言はしないように」

???
「そんなにセクシーなことが重要なのかなあ。やっぱり『癒し』
 テーマにするのがいいんじゃないかな」

???
「ええっ?それって、マイナスイオンが発生しますみたいな感じか?」

???
「どこの世界にマイナスイオン発生がウリのアイドルがいるのよ!!
 いやしなんてもう古いわ。やっぱりわたしのような『小悪魔』的な
 女の子の時代よ!」

???
「そうかしら。やはりこれからの情報化社会を生き抜くには
 ますます知性が注目されると思う。
 だから『知性』がウリの女の子がウケるんじゃないかな?」

???
「メガネしてたら知性があるっていう訳でもないんじゃないの?」

???
な、なんですって!!アンタみたいなスポーツ野郎が何てこと
 言うのよ!」

???
スポーツ野郎って何だよ!ボクは女なんだぞ!そもそも、
 これからは『アクティブ』な感じがくるに違いないよ!
 だってオリンピックとかもあるし」

???
オリンピックは終ったところじゃないの!だからこれからは
 『小悪魔』な時代だって言ってるじゃない!」

???
「いおりんは小悪魔というより、完全に悪魔だよね、亜美」

???
「ちょっとちょっとっ!覆面を被っている意味がなくなるような発言は
 しないようにって言ってるでしょ!」

???
「あわわわわ、みんな仲良くしましょうよ!今回はみんなで
 イメージアップの方法を考えましょってことで集まったんだから」

???
「そりゃあ、そうだけど……。うん?そういえば、この会議って
 誰が召集したの??」

???
「えっ!律……じゃなかった、そこの覆面の上からメガネを
 かけている人が召集したんじゃないのか?」

???
「そこまで言ったら誰なのか特定できるじゃないのよ!まったく!
 とにかく、私じゃないよ。そこの覆面に穴を開けて
 リボンを出している女の子が召集したんだと思ってたわ」

???
「えーっ!わ、わ、私じゃないよ!一体誰なんだろう……」

???
「ねえ、ねえ、ねえ〜、亜美おなか空いちゃったよ〜」

???
「そうね、私もすこしおなかが空いちゃった。みんなで
 ヒルズに行きましょう、ヒルズ!」

???
「わあ!それもいいかも!!私、天プラが食べたいなあ」

???
「なあ、律……じゃなかった、メガネの人!覆面被ったまま行くのか?」

???
「行くわけないでしょ!!!しかし、何てムダな会議なのかしらね。
 ま、こういうのも楽しいけどね」

???
「さあさあ、早くこんなむさ苦しいところはおさらばしましょ!
 ニヒヒ♪」

???
「はーーい」



覆面を被ったモノ達がシーメー(これ業界用語なの?本当に?)に
行った後 誰もいなくなった会議室の片隅のロッカーの中から
1人の女の子が現れた……

???
「うふふ。あの調子じゃ、私の地位が脅かされる心配はまだまだ
 なさそうですね。さあ、私もロケテストの準備しなくちゃ……」

この座談会を招集したその女の子がどのような顔で会議室を
後にしたのかは定かではない。
という訳で?いよいよ、緊張の糸が張り詰めてきたのか、
気が抜けたのか(笑)わからない第二回ロケテストっ!!!
もう28日を待つのみです!
では、皆さん、ロケテスト当日にお会いしましょうっ!!

 2005.1.18 「ロケテスト情報」を更新いたしました!
ディレ1
「えええっ!!まさか!!再び!!」

律子
「あの夜の惨劇が!!」

ディレ1
「違うよ!惨劇なんか起こらんわっ!!いーか、良く聞けよ!!
 なんと、1月28〜30日に第二回目のロケテスト開催
 決定したのだっ!!!!
 しかも、今度は東京VS大阪!!
 ランキングは2004年12月のロケテストの時点のものから
 スタートするので、ある意味過去VS現在でもある!!
 あ、12月のロケテカードはそのまま使用できますので、ご安心を。
 さあ!新旧入り乱れてのプロデュース競争、第二戦の勃発だ!!」

春香・千早・伊織・あずさ・やよい・真・雪歩・律子・亜美/真美
「ええっ!本当にまたやれるんですか!!
 ……今度こそ1位にならないと……」

「また、皆さんに会えるんですね。うれしいです。」
「ええっ、マジなの!!……今度こそ1位になってやる……」
「そうなんですか……。それで、ロケテストというのは何でしたっけ?」
「うわーっ、本当に本当なんですか?うれしいです!」
「ラッキーっ!ボクの魅力で……今度こそ1位に……」
「わわ、その、突然そんなこと言われても……ようやく
 心が落ち着いてきたところだったのに……。
 私、どうしても出なくちゃいけませんか??
 あ、でも、出る以上は今度も、あの、その……」

「なんだ、ネタじゃないんだ……」
「やったー今度こそ1位をだっしゅだね!!」「だね♪」

ディレ1
「……何人か追い詰められている人がいるような気がするが、
 とりあえず皆の意気込みは十分だな!!
 よし、今回もがんばってくれ!!!
 で、相変わらず不穏当な発言をした奴がいなかったか?」

律子
「きっと、空耳よ」

ディレ1
「空耳にしてはハッキリ聞こえるな。まあ、そんなことより!!
 詳細はこちらのページを見ていただくことにして、
 皆様の前に再び姿を現すことになったアイドルマスター。
 皆様お誘いあわせの上、ぜひお越しくださいますよう
 よろしくお願いします。
 それで、今度は関西の人にもバッチリ、プレイして頂きたいと
 思います!!ディレ1こと石原は大阪におりますので、
 大阪の方はお気軽に声をかけて下さい。
 また関東、関西以外の地域の方は、ゴメンナサイ!本当に
 スミマセン!!東京・大阪に出てこられるような用事が
 ございましたら、ぜひお立ち寄り下さい」

春香
「あの、その、皆さん!天海春香に清き、清き1票を
 よろしくお願いします!!」

伊織
「はあ!?春香、あんた何抜け駆けしてんのよ!!
 みんな〜〜、かわいい伊織ちゃんを選んで、
 ゲームスタートしてね〜〜!!
 他の娘を選んでも、何にもいいことないわよ〜〜」

ディレ1
「無茶苦茶言うな!!!」


「あの、ボク何でもするんで、よろしくお願いします!」

ディレ1
「何てこというんだ!!」

亜美/真美
「う〜ん、通はやっぱり、あたし達を選ぶべきだよねェ〜、真美?」
「そうそう、通はやっぱりあたし達を選ぶべきだよねェ〜亜美!」

ディレ1
「通って誰のこと何だよ!!
 皆、売り込みする根性はいいけど、なんだか妙な必死さが漂うのは
 どうしてなんだ!
 まあ、確かに、今度は誰が人気1位になるのか?それもまた、
 気になるところだな。
 というわけで皆様
 『プロデュースしてもらった女の子ランキング1〜9位』
 予想をしておいて下さい!!
 今度はハッキリとランキングを発表するぞ!わかったな皆!!
 見事1位の女の子は、このサイトブログのメインキャラクターとして、
 しばらくメインパーソナリティをつとめる権利を与えよう!!!」

春香・千早・伊織・あずさ・やよい・真・雪歩・律子・亜美/真美
えええええええええええええええええっっ!!!!!!!!!!!!!!!

ディレ1
「さあ、さまざまな思惑が絡み合い、今月末ロケテスト開始っ!!!
 このページを見てくださっている皆様!!」

春香・千早・伊織・あずさ・やよい・真・雪歩・律子・亜美/真美
プロデュース、よろしくお願いしますっ!

さあ、突然の第二回目ロケテスト発表と、ますます加速する
アイドルマスターを取り囲む状況!!一体どうなっていくのか!
はたして、来週の更新はあるのか??
とにもかくにも、ロケテスト4649!(古すぎる)

 2005.1.15 「ロケテスト情報」を更新いたしました!
        「雑誌掲載情報」を更新いたしました!
社長
「現在のっ!日本のデフレ構造はっ!一部特権階級の
 陰謀によるものでありっ!この支配構造は、民衆の
 血と汗による革命により、打倒すべきであるっ!!!
 いまこそっ!!マルクス主義の復活と……」

ディレ1
また演説から始まるのかよっ!!!!
 どこの世界に毎回アジ演説がオープニングのアイドルゲーム
 紹介WEBがあるんだよ!!」

社長
「おおっ!スマンスマン!またまた勢いでやってしまった!
 うわははははっっ!!(←本宮ひ●しのマンガに出てくる
 顔は怖いが、話してみると意外といい人が
 主人公と2人で豪快に笑いあう時のような書き文字で)

ディレ1
「だから注釈が長すぎる上に、意味がわからんっつーのっ!!!
 ああ、もうっ!
 やはり2005年も社長のペースに巻き込まれてしまうっ!
 ええい!社長は無視して、今回は女の子に今年の抱負を聞こう
 後編!ということで、まずは……
 あずささん、抱負をお願いします!」

あずさ
「え?わたしですか?
 そうですね……、抱負ですか……
 あの〜、考えますので少し待っていてもらえますか?」

ディレ1
「ええ!あずささんの為なら、コールドスリープして待っていても
 いいくらいですよ!!」

あずさ
「……(考え中)」

ディレ1
「……」

あずさ
「……(考え中)」

ディレ1
「……」

あずさ
「……(考え中)」

ディレ1
「……あの、あずささん?放送事故と間違われるような
 気がするので、何かそろそろコメントを……」

あずさ
「……(考え中)」

ディレ1
ああーーーっ!!沈黙に耐えられないっーー!!」
 ハっ、そうだ!こういう時こそ、あのツッコミ堕天使
 を呼ばねば!」

律子
……ディレ1ィィィィィ〜……(←ジョ●の奇妙な冒険の
 D●Oのような憤怒の表情で)

 それ、もしかしてわたしのことじゃないでしょうね?」

ディィレ1
「そういう注釈って流行ってるの??
 と、そんなことより!やはり来てくれたね、律子!沈黙は金なりとは
 いうけれど、沈黙を破るには律子だな!
 いやー、ははははっ!!!
 えーと、実は皆に2005年の抱負を聞いているんだ。
 律子の抱負は何かな?」

律子
「一気にまくしたてて、誤魔化してない?ま、いいけど。
 今年の抱負ですか?
 そうですね 『何事も遠慮しない』 かな」

ディレ1
「……律子って何か遠慮しながら生きているの??」

律子
「当たり前じゃないですかーっ!
 そうだ!試しに遠慮しないモードで
 ディレ1のことを分析してあげる!」

ディレ1
「絶対嫌だーー!!!その抱負は却下っ!!
 お前にはメガネをはずしたらおとなしくなるとか、そういった
 隠しコマンドがないのか!
 ああ、そういうのつくっときゃ良かった!!」

あずさ
「あの〜、ディレ1さん?」

ディレ1
「え?あ、はい、あずささん、もしかして抱負を思いつき
 ましたか!!

あずさ
「いえ、あの〜、もう少しかかりそうなので
 待っていて下さいますか??」

ディレ1
「あ、はい、もうあずささんの為なら1年でも待ちます!」

あずさ
「そうですか〜、では、また来年に〜」

ディレ1
「え、あれ??あずささん、どこへ行くんですか??
 何かおかしくないですか??
 何か変ですよね?また来年って、日暮巡査じゃないんですから。
 ねえ、あずささん??って、だから、
 どこへ行くんですかーーーっ!!!
 いつもにも増して、全然何も前へ進んでる気がしないのでは
 何故なんだー!!」

律子
「いや、実際梅雨前線も真っ青の停滞っぷりだと思うわよ。
 やっぱり、私しきりか、伊織しきりでないと、進行しない
 ということね。あんたじゃ、荷が重いのよ。」

ディレ1
「いやだーー!お前達に任せると、ろくなことがない!」

千早
「……おはようございます」

ディレ1
「え、あ、千早じゃないかっ!!!まだ、まともな
 抱負を語ってくれる希望が残っていた!
 千早の今年の抱負は何だい!」

千早
「私……ですか?私はもう少し積極的に
 物事に関わっていきたいですね。」

律子
「……パーフェクトに優等生な答えね。ねえ、こんなので
 終わっていいの?」

ディレ1
「ハハハ、2004年は嵐のように過ぎ去ったけど、今年は平穏に
 いけるという感じがしていいじゃないか!いや、結構結構。
 ギャグなしでも結構だよ!平和が1番、暇が1番だよ!」

社長
「おーい、ディレ1くん、電話が入っているよ」

ディレ1
「あ、はい。えーと、もしもし、お電話かわりました。ディレ1ですが……
 はい、はい……はいっ???!!!
 えっ!!

 ロケテスト???2回目???
 東京大阪の2箇所で!!決定しちゃったよーんって、
 そ、そんなっ!
 ユーザーの皆さんの希望がたくさんあったからって、
 そんな簡単に……
 小山プロデューサー(以降小P)もしもし?もしもーーしっ!!!!

 う、うわーーーーーーっ!!!


ゆっくりできるはずの1月が人生で1番忙しい1月に!!(笑)
緊迫の展開が続くアイドルマスター!!!一体どうなるんだ!!
皆、来週のロケテスト詳細を待つべし!!!!

 2005.1.5 サイトブログを更新いたしました!
社長
「諸君!明けましておめでとう!
 今年こそ我が765プロは大きく飛躍することだろう!
 大いに期待するが良いっ!
 そして、あえて言おう!キミ達、大衆はブタであるとっ!!!!!
 ブタブタを食い合うことで、搾取の構図が永遠にっ……」

ディレ1
ちょっと社長!途中から年始の挨拶がプロバガンタに
 なってますよ!ジーク!ジオン!な感じで。」

社長
「おおっ!スマンスマン!つい昔の癖でアジってしまった!
 ワハハ!(←最後のワハハは課長島耕作に出てくる大物が
 笑っている時の書き文字のつもりで)」

ディレ1
意味の良くわからない注釈つけんなっ!
 おっと、今年は社長のペースに巻き込まれないようにしないとな。
 えーと、新年早々お年玉企画として、女の子皆に今年の抱負を
 書いておいてもらったのでそれを発表しまーす!」

春香
「えーと、本人が発表しちゃってもいいですか??」

ディレ1
「おお、春香!いいよ、もう、どんどんヤっちゃいなさい!
 今年はキミの飛躍する年だよ!」

春香
「はい!では、えーと、私の今年の抱負は……
『歌が上手くなりたい』です!」

伊織
「……ボケることも、ツッコむこともできない、パーフェクトに
 普通な抱負ね……
 春香、アンタ、だからヒロインのくせに〇位なのよ」

ディレ1
「ああ!!伊織、なんて恐ろしいことをっ!!!
 は、春香ちゃん、大丈夫だよ全然OKなコメント
 ……とはいいがたいが……
 あ、いや、ゴメン!あ、は、春香〜、
 どこに行くんだ〜っっ!!!!

雪歩
「あ、じゃあ、次は私が……え〜と、今年の抱負は……
『男の人を見ても心の中で『いなくなれ』って思わないようにします』
 です!」

伊織
「それって抱負なの??」

ディレ1
「おい!ツッこむべきポイントはそこじゃないだろうっ!」


「アハハ、雪歩は男の子が苦手だからな!」

ディレ1
「そんなかわいらしい理由で心の闇が説明できるとは思えないよ、真!」


「えーと、じゃあ、次はボクの番かなっ!ボクの今年の抱負は
『私生活でもスカートをはくことにチャレンジする』です。エヘヘ……」

伊織
「えーっ!真の抱負は『25段の跳び箱を跳んでみる』とか
『SA〇UKEを全5ステージクリアする』とかだと思ってたのに〜」

ディレ1
真は消防士でも漁師でも職業SASU〇Eでもないよ!
 伊織は一体真を何だと思ってるんだよ!
 というか、伊織、お前の抱負はどうなんだ??」

伊織
「え、私〜??私の抱負は毎年特に変らないわよ?
『いつまでも今の私のままでいられますように』よ!」

ディレ1
「へえ〜、なんだかいいね、その抱負。
 自分に自信がなくっちゃ言えないしな。何だかカッコイイ!
 オレも今年の抱負はその言葉を頂こうかな!」
 
伊織
「ニヒヒ♪おかげで、私はもう〇〇年もこの姿を維持できてるのよ!」

ディレ1
「……え?伊織、今何か聞き捨てならない恐ろしいことを……
 え、あら、何だか久しぶりのこの展開は……まさか伊織さんは
 その手にお持ちの棒状のものでおそらく、わたくしを……
 ギャア!!!(ドタン)」

伊織
「さあさあ、次はほら、やよい〜あんたの番よ!」

やよい
「は〜いっ!えっとーあたしの抱負は〜、いつも
 『木綿』でーすっ!!絹は料理の時に煮崩れするので、
 あまり使いません!」

伊織
「それ、一応『抱負じゃなくて豆腐じゃないのよ!』とか
 言うべきなのかしら??
 やよいのボケは境界線が捉えにくいわね〜」

やよい
「えへへ!ありがとう伊織ちゃん!えーと、じゃあ次は
 亜美ちゃんと真美ちゃんだね!」

亜美
「はいはいはい、はーーーいっ!!えーと亜美の抱負は〜
『東京ドーム100個分になる』でーす!!」

真美
「はいはいはい、はーーーいっ!!えーと真美の抱負は〜
『ビタミンC100個分になる』でーす!!」

伊織
「何だか大きなことを言っている気もするけど
 怖いほどどうでもいいこと言ってるわね。ことわざの
 『言葉の意味は良くわからんがとにかく凄い自信だ』って
 こういうこと?」

ディレ1
「おい!このネタいつまで続くんだよ!!長いよ!!!!
 大体それ『ことわざ』じゃないよ!

社長
「オホン、そうだね〜、じゃあ
 お年玉スペシャル前後編ということで、今日はここらへんで
 お開きということで、まあ、やはりお正月だしな」

伊織
「なるほど!!紅白歌合戦も2部制だもんね!そうしましょ!ニヒヒ♪」

ディレ1
「オイ!なに『上手いこと言った!』みたいな雰囲気にしてるんだよ!
 よく考えたら全く上手いこといってないよ!
 あー、とにかく、もう次回に続く!!!

過去ログリスト |最新
>>>トップページへ戻る