2004.12.22 「ロケテスト情報」を更新いたしました!
今週は全キャラ総出演でお送りします。

社長
「ハハハ、まずは諸君に礼を言いたい!
 ロケテストへの参加、本当にありがとう!!
 そして、多くのプロデューサーが誕生したことを
 大いに喜びたいっ!!3日間で誕生した我が765プロの
 プロデューサーの数は実に約450名!!!
 いやー、これで我が765プロダクションも年を越せ……
 ……えーと、電気代3ヶ月分と事務所家賃6ヶ月分と
 皆への未払いの給料と、たまりにたまった税金と……
 おーい、ディレ1くん!キミは今月も給料いらないよね?」

ディレ1
「途中までの景気の良さそうな話題はどこへいったんだよっ!
 いや、皆さん本当にありがとうございました。
 皆さんへのご報告は別ページにUPしておりますので
 ロケテストへ来てくださった方も、そうでない方もお時間ありましたら
 見て下さい」

雪歩
「私もたくさんの人に出会えて、嬉しかったです〜
 皆さんに優しくもらえて幸せでした」

伊織
「ほっほ〜、雪歩……
 アンタ、何だか余裕があるじゃない?それは
 ロケテストで選ばれたキャラクター第1位の余裕かしら?

ディレ1
またもや生臭いことを!


「いやー、ボクって丁度真中くらいなんだ〜
 あ!へー、伊織ってボクより順位が下なんだね」

ディレ1
「うわあ!勝手にオレの資料を読むんじゃないっ!」

律子
「うーん、まだまだメガネ好きは少ないのかしらね〜
 車に轢かれそうになっているメガネを救うために
 土砂降りの道路に飛び出すくらいの根性を持った人

 来てくれていたら、もっと順位は上だったんだろうけど」

ディレ1
そんなヤツが本当にいたら怖いわっ!
 ってだから、勝手に資料を読むなと言っているだろうがっ!」

春香
「は〜良かった、わたしは律子さんよりは……あ、わわわ
 な、何でもないですよっ!つい、うっかり、その」

あずさ
「うふふ。順位なんてどうでもいいじゃないですか。
 多くの皆さんと出会えたことの方が大事な思い出です〜
 ねえ、千早ちゃん?」

千早
「……そうですね。でも、あずささんは私よりも人気もあるし
 もっと自信を持たれた方がいいと思いますよ」

春香
「そういう千早ちゃんも、もっと自信を持った方がいいんじゃないの?
 ……う〜ん、少し控えめな方がウケがいいのかな?

ディレ1
「春香……お前意外としたたかなんだな……」

やよい
「えへへ〜、私は若いコ組では1番でしたっ!
 でもやっぱり、千早さんにはかないませんでした。」

亜美/真美
「あ〜、やよいっちが珍しく、嫌味なこと言ってる〜!
 いいもん、いいもん!
 どうせ、どうせ……」

ディレ1
「あー、もうややこしいっ!!
 なぞなぞBOOKに出てくる村人のような意味ありげな会話は
 もう終わり!さあ、さあ、おまえ達はまだまだやることたくさん
 あるんだから、帰った帰ったっ!」

社長
「で、ディレ1くん、今月の給料も払いたくないという件だが……」

ディレ1
まだ、続いているのかよ!
 今日はやること多いから黙っていなさい!え〜、年末なのですが
 春香の中の人とか、千早の中の人とかがインターネットで、
 番組しちゃいます!!
 以下緊急告知!!!!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12/27 月曜日 インターネットTV局「itv24.com」 http://www.itv24.com
22時〜22時45分の生放送番組「今井麻美と中村繪里子のプリスター」は、
この日だけ無料開放で生放送。 しかも、今夜だけはスペシャルとして
アイドルマスターの持ち唄を生で披露しちゃいます。
名付けて「アイドルマスターロケテ記念&今年もお世話になりましたプリスタープチライブ」

ゲストに若林直美と下田麻美をむかえて、アイドルマスターきゅうぶんのよんを強行、
ファン垂涎の45分です、いろんな意味で初めて尽くし。 インターネットTV局itv24.com
12/27の22時〜itv24.comに、こうご期待!

(注)当日は直前まで有料生放送をしているため、アクセス可能は時報直前からになります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 わかる人も、わからない人も、黙ってアクセスっ!!
 要ブローバンド!!

社長
「で、ディレ1くん、結局……」

ディレ1
はいはい、あとで返事しますから!えーと、iTVの無料会員登録は以下の通りです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆視聴方法
(1)http://itv24.com/ にアクセスします
(2)「新規入会」より、無料会員登録を行います
(3)登録後、「ログイン名」「パスワード」を入力して
 会員サイトへ入室します
(4)放送時間中に「無料生放送」ボタンから映像が視聴できます

以上になりますが、映像再生にはRealPlayerというソフトが
必要になります。
詳しくは、「初めての方」ボタンをご覧下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 要リアルプレイヤー!!リアルが嫌な奴はMPCでプラグイン!
 えっ、中の人ってこんなにかわいい人なのっ!と
 驚くこと請け合いですので ぜひご鑑賞下さい!」

社長
「あーディレ1くん、はいって返事もらったから、
 今月も給料なしということで経理に連絡しておいたからねえ」

ディレ1
なんだよ、そりゃっ!!
 来年まで生きていけねえよっ!!!
 皆さん、ディレ1が来年まで生きていれば、再びお会いしましょう!!
 2004年本当にありがとうございました!
 2005年がアイマスと皆さんに良い年であることを祈りつつ……」

全員
また2005年1月にここでお会いしましょうーーーっ!!!
 2004.12.10 「ロケテスト情報」を更新いたしました!
         「体験版ちょびっと」をオープンいたしました!
         「スタッフの楽屋ウラ」を更新いたしました!
ディレ1
「とうとう!!ついに!!いよいよ!!」

雪歩
「はいっ、ガラスの仮面42巻の発売が迫ってきましたね!」

ディレ1
「違うわっ!!」

伊織
「何いってんの雪歩?12月なんだから、もちろんイブのことよね〜
 イブ、イブ、イブ〜♪今年は何がもらえるのかしらね〜」

ディレ1
「ああ、もう!!違うよ、いいか?よく聞けよ……
 本当に黙って聞けよ……
 少なくとも10秒は黙ってろよ……







 おお、本当に黙っているとは……やるなあ!
 あ、何を言うのか忘れるところだった!
 ええと、お前達がいよいよ、デビューする日が
 やって来たんだよ!」

春香・千早・伊織・あずさ・やよい・真・雪歩・律子・亜美/真美
「!!えええええっ!プ、プロデューサーさん、本当ですか〜!」
「………!」
「アンタ、マジなのっ!」
「はぁ、それは、よかったですね〜」
「うわーい!やったーっ!楽しみですね」
「うわぁ!ついにですねっ!腕がなるなあ!」
「え、あの、その、ほ、本当なんですか?デ、デビューってそんな……
 私、まだ、あの、そのココロの準備が……
 だって知らない男の人となんて……」

「へぇ〜このゲーム本当に出すつもりなんだ……」
「イエーイ!やっとこさ出番だね♪」「だね♪」

ディレ1
「うおっ!!みんないたのか……
 いや、皆喜んでくれて嬉しいよ……しかし
 不穏当なことを言った奴が約1名いなかったか?」」

律子
「え〜!そんなこと言うわけないじゃないですか〜ねえ、皆?」

ディレ1
「……お前が1番怪しいんだけど……。ま、それはともかく!!
 詳細は別ページを見てもらうとして
 いよいよ12月17〜19日に、皆様の前にデビューすることと
 なりました。
 お祭りと思って、じゃんじゃん友達を誘って来てみて下さい。
 ロケテストVerということで、まだ100%の出来という訳では
 ございませんが 新しい何かを感じて頂ければ、幸いです。
 店舗が遠いので行けないよ!という方は、
 本当に申し訳ございません。
 今回『体験版ちょびっと』というものもアップいたしましたので
 ああ、こんな感じなのだなあ……
 ということを、少しでも体験して頂ければ……と思います。
 
 よろしくお願いいたします」

伊織
「あと、プレイヤー条件として、あくまでもカッコイイ……」

律子
「アハハ、何言ってるのよ伊織〜。そんなカッコ……」

ディレ1
「うわ〜〜っ!!!おまえ達は頼むから黙っててくれ!
 チロルチョコきなこ餅を買ってやるから黙っててくれ!!

律子
「え〜セコイな〜、そんなもんで買収しようっての?」

ディレ1
「でも、伊織は買収OKって顔してるぞ?」

伊織
「……」

律子
「わりと、安い女なのね、伊織……」

ディレ1
「という訳で、次回更新時はロケテストの真っ最中ということで
 次週(12/17)の更新はお休みさせていただきます。
 ロケテスト終了後には、また何らかの形でご報告をいたしたいと
 思いますので、あの、本当によろしくお願いします」

春香・千早・伊織・あずさ・やよい・真・雪歩・律子・亜美/真美
「新しいプロデューサーさん、待ってまーす!!!!」
 2004.12.3 「スタッフの楽屋ウラ」を更新いたしました!
ディレ1
「社長の叫びに応じてカムバックしたディレ1です。
 えーついに12月に突入いたしました。
 ということで……
 いよいよ、最新ロケテスト情報をこっそりお届けします!!
 ただし正確な場所・期間などは来週お知らせします」

はるか
「来週正式発表ということは……
 少なくとも12月10日まではテストをやらないということですね?」

ディレ1
「ムム、そういう鋭いことを言っちゃダメじゃないか、はるか。
 うん?そういえば、何気なくサイトログ初登場だね。」

はるか
「そういえば、そうですね。
 ところで、ロケテ場所なんかもヒントくらいは言っちゃっても
 いいんじゃあないですか?」

ディレ1
「ヒント??そうだなあ、じゃあ1つ目は……
『旅人のココロ休まる建物あり。
 その新しい建物の西に、2つの回転する輪を持つ機械を操る
 者の名を持つ地あり。
 その者は、大変な偉業を成し遂げし、51の名を持つ者なり。
 また、その地には輝かしい頭を持ち、黒い眼を持ち、走る男もいる。
 その地に光臨せし、3つの数字の名を持つ組織のシモベが
 使いしは9人の女と1人の男。
 偉大なる伝説と壮大なる叙事詩が語られる』
 かな。」

はるか
「1つ目……ということは、複数を感じさせますね。
 まだ、ヒントか、ロケテ場所候補があるのですね??」

ディレ1
「ムム、鋭いな……。その通り、その通り、正確に発表できないのは
 まだ調整中なところがあるんだよ。
 もう1つ候補があるので、その候補もヒントを出そう。
『南北に長い長い、龍の国を貫く1本の骨。
 その骨に沿ったところに、約束の地はある。
 約束の地には空高く飛びし、白と黒の千年、
 その千年を見し者がいる。
 また約束の地には、眩しい光とともに、
 大きな大きな丸いものが光臨せし。
 その大きな丸いものは、時に食べ物のような名を持ち、時に
 3つの数字を冠する組織の救世主でもある。
 丸いもののいるところ、その中に9人の女と1人の男の姿が見える。
 偉大なる伝説と壮大なる叙事詩が語られる』
 かな。」

はるか
「ふふふ、私わかっちゃいました。簡単ですね。どちらも……」

ディレ1
「わーわーーーーー!!!言ったら、意味ないだろう??」

はるか
「まあ、そうですね。では皆さん、来週何が起こるのか?
 お待ちください」

ディレ1
「では、ディレ1こと石原と」

はるか
「ディレ5こと長〇はるか(本当)でした」

ディレ1
「皆様、来週には期間・場所とも正確に発表いたします。」


というわけで、意味のない叙述トリックを使いつつ
いよいよ、その時が迫ってきたサイトログ
括目して待て来週!!!
 2004.11.26 「雑誌掲載情報」を更新いたしました!
ええーと、今週は嵐の前の静けさとして、かわ……、えと
社長これ何て読むんですか〜(ゴソゴソ……)
えーと、久しぶりの川柳シリーズです!!ウー、いっくぞー!byやよい

高木社長
「ははは、久しぶりだねえ、このオープニング。ところで
 今回は高槻くんが、私の相手なんだね」

やよい
はーいっ!!

高木社長
「ゴホン!返事だけじゃあ、会話が続かないぞ。
 トークというものはだねえ、もっと会話のキャッチボールが
 大事なのだよ、高槻くん」

やよい
はーいっ!!えーと……硬球と軟球のどっちがいいですか??」

高木社長
「ははは!高槻くんは、天然なのかどうかが、見極めにくいねえ!
 まあ、それはさておき、久しぶりの川柳紹介だ!
 『繭さんと アイマス二人で やりたいな』
 シュリティスさん作。高槻くん、ナイスなコメントを期待してるぞ!」

やよい
「えーと……その字、何て読むんですか??」

高木社長
「ははは 『まゆ』 と読むのだよ!」

やよい
「まゆ…って何ですか?あ!わかった!川魚ですね!
 あっ……社長のその顔は間違ってるぞ!って感じですね……
 えーと、まゆ、まゆ、まゆ……
 『さん』 がついているってことは、数字と関係ありますよね??」

高木社長
「おーい!!他に誰かいないのかね??
 これ以上ツッコミ不在じゃあ進行しないぞ!!」

千早
「社長……何か御用でしょうか?」

やよい
「あ、千早さんだーっ!相変わらずキレイですねー」

高木社長
「うっ!……き、如月くんか……、えーと、今ね、高槻くんと
 川柳の紹介してるんだが、キミも協力してくれるかね?」

千早
「はい」

高木社長
「ああ、何だかデジャブが……
 嫌な予感は全てゴミ箱に捨ててしまって、次の川柳だ!
 『ロケテスト 延びた時間は AC5』 RRA+Bさん作だ!」

千早
「AC5……。社長、すみません、インターネットで検索してきますので
 少し待っていて下さい」

高木社長
NOーーーーーーっ!!!!!!!!!
 この2人と盛り上がるトークをぶちかますのは
 タモリでも無理だっ!!!!!!
 だ…誰か、誰か他にはおらぬかーーーー!!!!

律子
「本能寺炎上中の信長の叫び声みたいですね」

高木社長
「そ……その、スパイシーなツッコミは……あ、秋月くん!!
 キミは、地獄に舞い降りた天使だよ!!」

律子
「それ、堕天使ってことですか?」

高木社長
「ああ……今日ばかりはキミの声が福音にも勝るよ!!
 私は基本的にMなのかもしれないねえ……
 ふふふ、チャンスとばかりに次の川柳だ!!
 『できるなら 春香と結婚 したいなー』 宇野さん作だ!
 この御仁は2回目の採用だ!」

律子
「ふーん。採用基準は、痛ければ痛いほどいいってことなの??」

高木社長
「ノ、NOーーーーーっっ!!!!さ、さすがに、ここまでツッコミが
 スパイシーなのもマズイ……。ここは、サンタも逃げ出すような
 極寒の地になりつつあるぞ……。
 ああ、もう、このままどうにもならないのかーーーーーーっ!!!」

千早
「……お待たせしました社長。
 AC5とは「アクターズコミュニケーションGO」
 のことだと思われます。」

高木社長
うわあああああああ!!!!ディレ1、カムバーック!」


『サイトログ 無駄にキャラ立ち ちはや不利』 桶や本望さん作
大丈夫……千早でもオチがいけたよ!!!桶や本望さん!!!
こんな感じで迎える12月!!どうなる!!アイドルマスターっ!!
 2004.11.19 「メディア掲載情報」を更新いたしました。
ロケテスト延期という7つの大罪にも匹敵する
罪を犯したディレ1……
今回は、伊織・律子・ディレ1の反省会の模様をお伝えします。

伊織
「にひひ♪お久しぶりで〜〜す♪
 金曜日の恋人、伊織ちゃんで〜〜す♪」

律子
「んも〜伊織〜、そんなんじゃ、反省会のオープニングらしく
 ないでしょう。もっと、ほら 『緊急特別番組!
 どうなる、日本!!少子化社会の未来を考える!』

 とかの夜中の報道番組っぽく、重々しく始まらないと」

伊織
「え〜、そんなの、かわいくないけどな〜
 そうねえ、せめて『王様のブラン……』」

ディレ1
「……あの〜、発言してもよろしいでしょうか?」

伊織
何よ!せっかく、イイ感じで喋ってたのに、辛気臭いわね!」

ディレ1
「いや、辛気臭いと言われても、ほら、これ、俺の反省会だし……」

律子
「ああ……そうだったわね。あなた、反省してる?」

ディレ1
「え?は、はい」

律子
「はい、終了〜。じゃあここからは、わたしのコーナー
 『秋月律子と考える、秋葉原の未来シリーズ第1弾!
 メイド喫茶の安らぎの正体』

 を開始しま〜す!」

ディレ1
全然関係ないじゃんか!!もっと、真剣にいこうよ!」

伊織
「はい、はい、は〜い!!伊織は〜
 『伊織ちゃんの、おいしいケーキ食べまくりの旅』
 やりたいでーす♪」

ディレ1
「うおー!!こんなんじゃまた非難のお言葉が殺到する〜!
 もっと、オレの真剣さを伝えてくれよ〜」

伊織
「……もう〜、本当はわかってるわよ。アンタが、一生懸命なこと」

律子
「全く冗談もわかんないくらいに、余裕がないの?
 あなたを元気付けようと思って、わざと騒がしくしてみたんだけどな。
 どう、少しは元気でたでしょ?」

伊織
「ほーら、ちゃんと、あなたが反省していることを皆に伝えようと
 ちゃんと証拠も持ってきたんだから!」」

ディレ1
「お……お前達って奴は!今まで『はぐれ悪魔超人コンビ』って影で
 呼んでいて本当にすまない!!本当は天使のような
 女の子だったんだな!」

律子・伊織
「うふふ。はい!」

     写真
ディレ1
「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」

伊織
「本気で痛いわね・・・・・・あのさあ、何だか腑抜けてるようにしか
 見えないんだけど?」

律子
「どこが、マジメにやっていたのやら……
 猛省してもらいたいわね」

ディレ1
「く……や、やっぱりお前達は悪魔だ……
 バッファローマンだ!サンシャインだーー!

律子
「ほーら、これ以上いじめられたくないなら、とっと働きに
 いきなさいよ!錯乱してる場合じゃないでしょ。
 ほらほらほら……」

伊織
「ま、とにもかくにも、信頼を回復するには
 きちんとロケテストをやるしかないんだからね」

律子
「皆さん、そんな訳で、もうしばらくお待ち下さい。
 さて、来週はどうする、伊織?」

伊織
「まあ、これまで通りということで……」

これまで通りってことは、またあのパターンなのか??
ディレ1はもう現れないのか?
というわけで、待て次号(?)!
 2004.11.12 「ロケテスト延期のお知らせ」を更新いたしました。
ディレクターその1こと、ナムコAMCGの石原です。
「アイドルマスター」に対する期待が大きいからこそ、私たちも
それに応えられるクオリティにするべく作業を行っておりましたが、
現時点でのクオリティでは、ロケテストでは皆様のご期待に
100%応えることができないと判断いたしまして、
断腸の思いで延期を決定いたしました。
申し訳ございません。
また、先週の更新が不真面目な態度と皆様の目に映ったことも
併せてお詫び申し上げます。
現在も皆様の期待をいい意味で裏切るべく、STAFF一同鋭意製作中です。

今後とも暖かい眼差しで、見守って頂けますよう、よろしくお願いします。 また来週は、自虐企画といたしまして、
緊急特別企画「ディレ1を断罪する!」
をお送りします。
 2004.11.5 「雑誌情報」を更新いたしました!
今週は……えと、高木順一郎(以降高木社長)と、は、萩原雪歩(以降雪歩)でお送りしますぅ… (BY 雪歩)

高木社長
「諸君!今週も……あれ?荻原くんじゃないか。水瀬くんは
 どうしたんだね??」

雪歩
「あ、あの、伊織ちゃんは、その、死神からデ〇ノートを奪ったから
 今日はさぼ……、あ、いえ、その休みますとの連絡が……
 で、あの、あたしが臨時で……すみません」

高木社長
「ははは、伊織くんらしいねえ!!緊張せずに楽しくいこうじゃないか
 荻原くん!」

雪歩
「は、はい。あの…あたし、萩原(はぎわら)で……荻原(おぎわら)
 じゃ……、いえ、あの はい!楽しくいきましょ〜」

???
「…………」

高木社長
「では、今週の川柳だ
『そろそろか 早くやりたい ロケテスト』 みずほさん作」

雪歩
「あの、すみません……ロケテストって、なんでしょうか??
 あ!もしかしてロケットの発射テストかなんかでしょうか??」

高木社長
「ははは、違うよ荻原くん。ロケテストとは ロケット団の
 ストライキのことだよ!みずほさんは、ピ〇チュウを……」

またまた復活のディレ1
「適当なことばっかり言うなっ!!!
 あ、あれ?雪歩じゃないか?伊織はどこへ行ったんだい??
 まあ、そんなことより、ロケテストとはアーケード業界独特の
 言い回しでロケーションテストの略で、市場での製品テストの
 ことです。
 そうそう、それだよ!!!
 今週はアイドルマスターのロケテストのことを……」

雪歩
「あ、ディレ1さん、お目覚めですね。おはようございます」

高木社長
「ほほ〜う、キミは荻原くんには優しいのだな。
 これは、もしかして、もしかすると……!!
 ディレ1は荻原くんとアチチだあ〜〜っ!!!」

ディレ1
「アチチっていつの時代の単語だよ!!あと萩原だよ!
 荻原じゃねえ!!
 雪歩もこんなオッサンの冗談にマジ照れしてるんじゃないっ!!
 あ〜、メンバー関係なく進行しねえなあ!!」

高木社長
「まあまあ、とりあえずもう1句くらいいっておこうじゃないか
『アイマスの 設置待ちつつ もじぴったん』 かいるっさん作」

雪歩
「もじぴったんって何でしょうか……??」

ディレ1
「あの、えーと、雪歩、先に喋らせてもらえるかな。
 皆様、アイドルマスターのロケーションテストなのですが
 調整の結果12月……
 ぐっ?
 ……はあ、はあ、なんだ?急に心臓が……!?ぐはあ!!
(ドタン)」

高木社長
「うん?伊織くんが入手したというデ〇ノートのせいかな?
 まあまあ、荻原くん、ディレ1くんは
 そのうち復活してくるから、このまま楽しく進行しよう!」

雪歩
「は、はい!あ、その続きなんですが、もじぴったんって何ですか?」

高木社長
「ははははは!………。えーと、もじぴったんとは、想像するところ
 おそらく……もじもじしている、ぴったんだよ!」

雪歩
「はあ、何だかかわいらしい感じですね……。もじぴったんかあ。
 ふふふ、やわらかいんでしょうねえ……。ねえ、社長さん?」

高木社長
「ははは、そうだねえ。やわらかいんだろうねえ。
 いやいや、はははははははっ!」


なんなんだこのオチは!!一体ディレ1の言葉の真意とは!!!
つーか「もじぴったん」は
http://namco-ch.net/mojipittan/index.html
だよ、2人とも!
来週に続く!!!
 2004.10.29 「雑誌情報」を更新いたしました!
今週から、高木順一郎(以降高木社長)と水瀬伊織(以降伊織)でお送りしまあーす!にひひっ♪(BY伊織)

高木社長
「オホン!今週も諸君に礼を言いたい!!」

伊織
「ちょっと社長!いきなり態度が高飛車すぎるわよ!!
 (検閲)相手の時は、もう少しスウィート且つ
 マイルドにいかなきゃ〜
 エヘ♪みんな〜〜、たくさんの川柳投稿アリガトウ!
 でもぉ、もっと、もっと、も〜っと、たくさん送ってね!
 あとぉ、伊織のことをもっと考えてくれなきゃダメだぞ〜〜、
 にひひっ♪」

???
「……………」

高木社長
「ハハハ、水瀬クンは愉快だねえ!では今週も頂いた川柳を
 紹介していこうと思う。
 『初回プレイ 伊織に決めて 時を待つ』 ダブルエスさん作」

伊織
「うん、なかなかいい心がけね!!
 初回プレイが早くできるようにSTAFFにはキツーく
 言っておくわね!それと、アンタ、ビッグになれるわよ♪」

復活のディレ1
「こ…、こ、ゴルァ!!!!!!お前達、何やってんだ!!
 その作品は投稿時
 『初回プレイ 雪歩に決めて 時を待つ』 ダブルエスさん作
 だっただろうがっ!!!作品内容を勝手に変えるんじゃない!!
 本当にすみません、ダブルエスさん!!!
 雪歩に伝えましたが、本人は照れながら、喜んでましたよ!」

伊織
「あら、復活したの?」

高木社長
「ウソなんて、日常茶飯事……
 これが芸能界の真実だよ、ディレ1くん」

ディレ1
「芸能界協会からクレームくるぞ!!
 お前達には任せてられない!
 ここからは俺が作品を発表する!では気分新たに次の作品です。
 『ガンバります!超ガンバります!ガンバります!!(`・ω・´)』
 rrr@やよいさん作です」

伊織
「なにをガンバるの?」

高木社長
「そりゃあ、独身男性ががんばることなんて、1つしかないだろう」

伊織
「ええ〜やだー、そんな話しないで下さいよ〜。伊織照れちゃう♪」

ディレ1
「お前達何の話してんだよ!!しかも伊織、お前全然照れて
 ないじゃないか!!……うん?伊織、なんだその手に持っている
 鈍器は……、え、え、ぐはあっ!!!(バタン)」

伊織
「ささ、次の作品にいきましょ♪」

高木
「うむ、そろそろ時間もおしてきたので、最後に
 今週の優秀作品を発表しようと思う」

伊織
「うんうん、なかなか盛り上がる展開じゃないのよ!
 じゃあ、どどーんと発表しちゃいましょう!
 今週の優秀作品はっ!!!!!!」

高木社長
『伊織タン YO伊織タン 伊織タン』 とくさん作」

伊織
「また同じオチじゃないのよ!!!」

高木社長
「といったところで、まだまだ川柳は募集中だ!
 掲載者はEDロールへの掲載を約束する!
 どしどし送ってくれたまえ!!」

ディレ1
「ぐ………、ろ、ロケテス…トは……、ぐはあ!!

一体ディレ1の言おうとしていたことは何なのか??
テンパッてきたSTAFF達の明日はどちらなのか??
次週へ続きます!
 2004.10.22 「スタッフの楽屋ウラ」を更新いたしました!
またまた今週もディレクターその1(以降ディレ1)と高木順一郎(以降高木社長)でお送りします。

高木社長
「諸君!私は今猛烈に感激している!!先週、私は「川柳を
 募集する!」
とコッソリ言ったのだが、なんと本当にたくさんの
 川柳が送られてきたのだ!」

ディレ1
「応募して下さった皆様、本当にありがとうございます。
 今回はスペースの都合上全てをココで紹介することはできません
 が、後日何とかします。
 また紹介させて頂いた方は、スペシャルサンクスとして
 STAFFロールに掲載させて頂きます!!
 STAFFロール見るの、恐ろしく大変ですけど」

高木社長
「では早速、採用された作品を紹介していこう!
 『伊織タン ああ伊織タン 伊織タン』 とくさん作だ!」

ディレ1
「シンプルですが、純情な男性の心情が出ているのでは
 ないでしょうか?」

伊織
「そうかしら?アンタ純情って言葉の意味わかっていってんの?」

ディレ1
「突然出てきて、何失礼なことを言いかけているんだ伊織!
 今は引っ込んでおいてくれよ!ほらほらあっちへ
 行って……社長、続きをどうぞ」

高木社長
「よし、次の作品だ
 『雪歩さん、ああ雪歩さん、雪歩さん』 さとさとさん作」

ディレ1
「作品かぶっちゃったよ!紹介の順番考えろよ!!」

伊織
「次も同じだったら、暴れるわよ?」

ディレ1
「うわ!どうして伊織が出てくるンだ!ここは社長とディレ1の
 はっちゃけトークの場であって……おい、なんだその
 バールのようなものは……
 ぐはぁ!!!!!!

伊織
「ささ、続けていきましょ!社長、次はどんなのが来てるの?」

高木
「うむ、次の作品は
 『秋だけど やっぱり春香が ナンバーワン』 宇野さん作」

伊織
「ムム〜、どうして春香のは普通に上手いのよ!私の上手い奴も
 送りなさいよね!
 ところで、社長アンタはどうなのよ??」

高木社長
「オホン!では失礼して……
 『アイマスで 新たな運命に 出アイマス』 高木作」

伊織
「そんな普通のじゃオチないじゃないのよ!あんたバラエティ
 わかってんの?」

高木社長
「そうか?じゃあ
 『伊織たん ああ伊織たん 伊織たん』 高木作」

伊織
「かぶってる上に、パクってるじゃないのよ!」

高木社長
「上手いオチがついたところで、ここで倒れているディレ1に
 かわり 来週からは私と水瀬君で更新していくぞ!」

伊織
「にひひっ♪また来週〜。あなたのハートのカウンター
 回しちゃうぞ♪」

どうなるサイトログ!!どうなるディレ1!!また来週!!!
 2004.10.15 「所属アイドル(伊織・真・亜美真美)紹介」を更新いたしました!
今週も引き続きディレクターその1(以降ディレ1)と高木順一郎(以降高木社長)でお送りします。

高木社長
「キミさ〜、先週に『た』1文字しかあってないじゃないですか!
 というツッコミをしたけどさあ〜」

ディレ1
「はあ??ええ、確かにしましたが、それが何か?」

高木社長
「『たかた』と『たかぎ』なら、2文字も合ってるじゃないか!
 この落とし前どうしてくれるんだ!」

ディレ1
「いきなり1週間も時間おいてツッコムなよ!!
 今週はじめてこのサイトに来てくれた人、意味わかんねえよ!」

高木社長
「まあ、それはそれとしてだ。
 この前、友達と話しているときにヨン様の話題になったん
 だが、名前をド忘れして『ペ様』って言っちゃったんだよね
 〜(実話)」

ディレ1
「その話を聞いてオレはどうすればいいんだよ!
 ああ、全然話がアイドルマスターのことに戻ってこねえ!」

高木社長
「そうだな……、む、ナイスアイディアが浮かんだぞ!」

ディレ1
「期待しないで聞きます。なんですか」

高木社長
「アイドルマスターで『川柳』を作ろう!断じて
 手元の伊藤園のお茶を見て思いついたのではないぞ!」

ディレ1
「……更新情報とは死ぬほど関係がないですが、このまま
 ブログ化していくよりはマシです。やりましょう!」

高木社長
「私達だけでやるのは勿体無い。このサイトに来ている
 諸君!!おもしろいネタを思いついたら、投稿フォーム
 よりドシドシ送ってくれたまえ!!


ディレ1
「絶対に1通も来ないと思いますけど。というかコレ
 最後まで読んでいる人いるんでしょうか?」

高木社長
「そんなことはない!!来週はどどーんと川柳勝負だ!」

ディレ1
「うやむやのままに、来週に続きます〜」

では
当サイトにお越しくださっている皆さん、影で応援して下さっている皆さん、某掲示板の皆さん
これからアイドルマスターは、盛り上がってまいります!
今後ともお付き合いの程よろしくお願いします。

『アイドルマスター』開発STAFF一同
 2004.10.8 「所属アイドル(やよい・律子・あずさ)紹介」を更新いたしました!
今週はディレクターその1(以降ディレ1)と高木順一郎(以降高木社長)でお送りします。

高木社長
「どうもはじめまして。ジャパ〇ットのたかた社長と良く間違えられる
 高木です」

ディレ1
「『た』1文字しかあってないじゃないですか!」

高木社長
「今週は新たに3人の女の子の紹介を強化しておいた!
 マジで大赤字だよ、これは」

ディレ1
「いや、そういうことは言わないで下さいよ! 
 えーと、ほら、社長のオススメ女の子は誰ですか?」

高木社長
「小野真弓かなあ。そうそう、私の好きなアイドルって皆
 年上と付き合うンだよ。本上まなみとか」

ディレ1
「誰が、そんなこと聞いてるんだよ!セカンドシングル:シーソー
 好評発売中とかそんなことは聞いてないんだよ!!」

高木社長
「DVD『my favorite blue』も発売中だよ、キミィ」

ディレ1
「ゴルァ!ちょっと、こっちへ来い!根性たたきなおしてやる!!
 俺は更新された3人の中のオススメを聞いてんだっ!!!」

高木社長
「ム、社長たるもの、贔屓はせん!!9人皆が私の大事な……
 だいじな……だ…ウウ……」

ディレ1
「……ああ、社長すみません!!
 質問した俺がバカでした!
 大事な女の子達に対して、選ぶことを強要したりして……」

高木社長
「大事な……商品なんだ!!!」

ディレ1
「生臭いこというな!!」

高木社長
「ところで、これでサイトの紹介になっているのかね?
 もう少しマジメにした方が良くないかね?」

ディレ1
「99%貴様のせいだろうが!!
 この更新は次週へ続きます!!!」


では
当サイトにお越しくださっている皆さん、影で応援して下さっている皆さん、某掲示板の皆さん
これからアイドルマスターは、盛り上がってまいります!
今後ともお付き合いの程よろしくお願いします。

『アイドルマスター』開発STAFF一同
 2004.10.1 「所属アイドル紹介」を更新いたしました!
ディレクターその1より
1回・2回・3回・4回…今、なんどきだい??
ということで、今回で何回目の更新なんですか?誰か教えて下さいよ!!
という、ナゾの逆切れから始まった、今回のサイトログ。
こんにちは。ハムスター倶楽部を読んで号泣した、ディレクターその1です。

今回は、所属アイドルの紹介を、従来の5倍にパワーアップ(当社比)いたしました!
1週3人更新で、3週連続で更新していきますよ!
更新するネタが埋まって良かったなんて、これっぽっちも考えていませんからね!
っていうか、いつの間に毎週金曜日更新というルールになっているんでしょうか?
これが本当の金縛って、何だかわかんねえよっっ!!
…………1人って寂しい。
もう、こうなったら次週は高木順一郎との会談方式でサイトログをお伝えしようと思います!


では(さわやかに)
当サイトにお越しくださっている皆さん、影で応援して下さっている皆さん、某掲示板の皆さん
これからアイドルマスターは、盛り上がってまいります!
今後ともお付き合いの程よろしくお願いします。

『アイドルマスター』開発STAFF一同
 2004.9.24 「STAFFの楽屋裏」を更新いたしました!
ディレクターその3より
今回の更新は「高木順一郎の華麗なる1日〜哀・戦士編〜」
をお送りする予定でしたが、予定を急遽変更いたしまして
ディレクターその1さんの「STAFF楽屋裏」となりました。
ディレクターその1さんに代わり、お詫び申し上げます。


では、当サイトにお越しくださっている皆さん、影で応援して下さっている皆さん、某掲示板の皆さん
これからアイドルマスターは、盛り上がってまいります!
今後ともお付き合いの程よろしくお願いします。

『アイドルマスター』開発STAFF一同(すみません。本当はディレクターその1が書きました)
 2004.9.17 「プロデューサーの1日」を公開いたしました!
ディレクターその1より
より詳しくゲームの進め方がわかる「プロデューサーの1日」
を公開いたしました。
どんなゲームなのか、よりイメージしやすくなったでしょうか?
ご意見・ご要望・古雑誌などございましたら、お気軽に投稿フォームより投稿して下さい。

で、プロデューサーの1日ですが
♪実際の、ゲームは事務所の社長から、多くの助言をもらいつつ進みますので、特に予備知識がな・く・て・も、プレイ可能!!となっております!
…って、いうじゃないっ…………

でもっっ!!
頼りがいとユーモアを併せ持つ社長ですが、社長とはラブラブにはなれません。残念っっ!!(←文字だけだとわかりにくい)
では、次回更新は765プロダクション社長である「高木順一郎の華麗なる1日〜哀・戦士編〜」を公開いたします!



……ウソです。
何か考えておきます。

では、当サイトにお越しくださっている皆さん、影で応援して下さっている皆さん、某掲示板の皆さん
これからアイドルマスターは、盛り上がってまいります!
今後ともお付き合いの程よろしくお願いします。

『アイドルマスター』開発STAFF一同(NEWテンプレ)
 2004.9.10 「アイマスに一言」更新いたしました!
ディレクターその1より
特に大きな更新はないのですが、公式サイトオープン後にたくさんお寄せいただいた、皆様からのご意見を、このサイトログの下にある「アイマスに一言」に反映させて頂きました。
「F5アタックしなくても、いきなり自分の送った意見が表示されたよ!」という運の良い方は、投稿フォームよりご連絡下さい。
何か嬉しくなることをします。(アバウト)

今後も「アイマスに一言」は更新していきますので、まだまだ暖かいご声援から、開発STAFFがちょっぴりブルーになるような冷たいお言葉まで募集中です。お時間ありましたら、投稿フォームよりお気軽にどうぞ。

あいかわらずコメントが長いので、サイトログなのか、これは?と自問自答しつつも、好評なので(自分に)今後もこんな感じで続けていこうと思います!
次回更新では「アイドルマスターとは」コーナー内にて「プロデューサーの1日」を公開する予定です。

では、当サイトにお越しくださっている皆さん、
影で応援して下さっている皆さん、某掲示板の皆さん
これからアイドルマスターは、盛り上がってまいります!
今後ともお付き合いの程よろしくお願いします。

『アイドルマスター』開発STAFF一同(NEWテンプレ)
 2004.9.4 AMショー終了いたしました!
ディレクターその1より
AMショー無事終了いたしました。会場まで足を運んで頂いた皆様、ありがとうございました。
また会場まで行くに行けなかった皆様の為に、会場の様子を撮影した写真を数点 当ページの右端にありますインフォメーションのAMショー情報の中に掲載しております。
よろしければどうぞ(何をだ)

さて、会場では多くの方から期待している旨のお言葉を頂くこともできました。次はその期待に応えるべく制作も佳境に入っております。
次回の更新をお楽しみに!
 2004.9.1『THE IDOLM@STER WEB』正式オープンいたしました!
ディレクターその1より
アイドルマスターってなんじゃい!ということで当サイトにお越し下さった皆様、はじめまして。
そして、アイドルマスタープレデビューサイトにお越し下さっていた皆様、3ヶ月ぶりのご無沙汰です。
話題沸騰、艱難辛苦、日進月歩の業務用ビデオゲーム機アイドルマスター、いよいよ期間限定ではない真の公式サイトのオープンです!!
誤解をうけないように、最初に宣言しておきますが、当ゲームは家庭用ゲームではありません。
「女の子に会いに行く」という行為が新たな「おもしろさ」を生み出す業務用ゲームです。
今後は、ゲーム情報やその他いろいろな情報を更新していきたいと思います、という当り障りのない挨拶を行ないつつ、アーケードゲームファンの方、女の子が登場するゲームが好きな方、まこなこな方の期待を裏切らないようにゲーム調整中です。

では、今後ともよろしくお願いします。m(__)m

過去ログリスト |最新
>>>トップページへ戻る