はじめてゲームをプレイするキミへの挨拶
よう!皆、はじめまして……かな?
オレの名前はゆうTろう。
アイドルマスターをやってみようと思っているけど
やり方がよくわからないキミ達!
オレが、手とり足とり教えてやるよ!

ま、紅茶でも飲みながらゆったりと読んでくれよな。
LESSON1「はじめてのゲームスタート」

まずは、おもむろに空いているステーションの前に 移動して、画面を指でタッチしてくれたまえ。
まだ、お金は入れなくてもいいぜ。
左のような画面になるまで、タッチをするんだ。

もしも、キミがヘッドフォンを持ってきているのであれば、ヘッドフォンを端子に挿してくれ。
見てのとおり、TV画面右手の壁のところに端子を挿すところがある。
おっと、残念だがマイクはささらないぞ。
あくまでも挿すのはヘッドフォンだけだ。オレとキミとの約束だぜ。


……ふふ、オレの美声はまた今後聞かせてやるから、そう残念そうな顔をするなよ。
はじめてアイドルマスターをプレイする諸君は、画面で「START」と書いているパネルをタッチしてくれたまえ。
すると、左の画面に進むはずだ。
おっと、ここで注意だが、画面をタッチする時は あくまでも指でタッチしてくれ。
ペンなどの先のとがったものでは、そもそも画面は反応しないし、きわめて危険な行為だ。
約束だぜ。
そして、画面上で指定された金額だけ、お金を入れてくれたまえ。
クレジットカードしか持っていないという、リッチマン諸君。残念だが、それはノーサンキューだ。
クレジットカードは使えない。
あくまでも、100円玉、500円玉しか使用できない。
事前に両替をしておくのが、スマートでクレバーな方法ってやつだぜ。
お金を指定されただけ投入すれば、パネルをタッチできるようになる。パネルをタッチすれば、続けて
「プロデューサーカード」のパスワードを決めることになる。4桁の数字でパスワードを設定する。
パスワードを設定すれば、もう1度、同じパスワードを 入力する画面になる。
慌てるなよ。お前ならできる。
必ず同じ数字を入力できるさ。
無事にパスワードが登録されたら、
左のような
「プロデュース開始」「ゲームオプション」というパネルが並んでいる画面になるはずだ。
ゲームオプションに入れば、ボリュームが調整できる。
ここでボリュームを変更すれば、スピーカーの音量とヘッドフォンの音量が変更される。
大きさはほどほどに。近所の迷惑、考えろよな。


これで準備完了だ。
ここまでは問題ないだろうな?
じゃあ、次にいくぜ。
LESSON2「ゲーム開始〜プロデュースする女の子を選ぶ」

いよいよ、ゲーム開始だ。本番だ、
気を抜くなよ。
まずは「プロデューサー」の名前を
決めるんだ。
ゲームの途中で変更はできない。
お前が一生背負っていく名前だ。
後悔しないように、真剣に考えろよ。

オレはもちろん「ゆうTろう」で登録だ。
いつか、キミとオーディションで出会うかもな。
プロデューサーの名前が決まれば
いよいよ、ゲーム世界へのダイビングだ。
おっと、画面に女の子が出てきた。
ここからの流れは、体験版ちょびっとをプレイしてくれた方がわかりやすいかな。

ぜひ、体験版をプレイしてくれたまえ!
ゲームが進行していくと、いよいよ
キミがプロデュースしていく女の子を選ぶ画面になる。


おっと、ボケっとしていて、思わずブランデーグラス(紅茶入り)を画面に近づけしまっているようだ!
危ない、危ない……、キミはこんな危険なことを しないように、気をつけてくれよな!
結局、春香ちゃんを選んだオレだ。
さあ、ファーストコンタクトだ。うまくやるぜ。
さあ、続いて彼女の「芸名」を入力だ。
どんな名前で売っていくのか・・・・・・
キミのセンスが試されるぜ。


あ、オレはもちろん、忠実な部下の名前から拝借したぜ。
でも30代以上でないと、何が何だかよくわからないぜ。
最初のアイドルレポート画面だ。
現在の「流行」とキミがプロデュースする女の子の「イメージ」が表示される。

流行は、ネットワークゲームならでは、皆の総意で方向性が決定するので、その時々で変化する。左の画面はあてにならないぜ!
Next



>>>トップページへ戻る