ハプニングロケのルーツ

色々な準備のため、倉庫から久しぶりにアイドルマスターの筐体を引っ張り出してきました。
でも、動いているソフトは「みんなで鍛える全脳トレーニング」だったりします。
全脳トレもアケマスと同じく、8月いっぱいでオンラインサービスを終了いたします。
オンライン対戦ができる今の内に、ぜひとも遊んでみてください。

kyoutai.jpg

さて、開発当時の思い出話です。
アーケード版で私が担当したのは、公式ケータイサイトの構築でした。
その当時は丁度、鉄拳5(TEKKEN-NET)、ドラゴンクロニクルオンライン、アイドルマスターの3本のゲームの連動サイトの立ち上げを、ほぼ同時進行のスケジュールで進めていたため、目の回る様な忙しさでした。

なかでもゲーム内容とメール送信が連動する「メールプリーズ」は、非常に大きいチャレンジでした。
それまでのアーケードゲームが、一歩ゲーセンの外に出てしまうと、まったくプレイヤーにはたらきかける手段が無かったのに、メールプリーズは、ゲーム機から「遊びに来て欲しい」と言ってくる、アーケードゲームとして初の新しい試みでした。
ほかにも前例の無い仕様が多かったため、ゲームの稼働初期のころは、サーバーや運営でトラブルが多発して、みんなで苦労したものです。

あと、ケータイサイトといえばアプリゲームの「ハプニングロケ」ですね。
スゴロク風のゲームで、アイドル達と日本各地を旅行するというコンセプトです。
予算が少なくて、開発スタッフが帰省した時に取材写真を撮影してもらったりしました。

haploc.jpg

実はハプニングロケには元になったゲームがあります。
「ハイスクールぱらダイス」という世界初の萌メダルゲームです。
ヒロインは、都筑みらいちゃん。好きなモノは餃子。ディレ3がキャラを描いてました。

mirai.jpg

高校で学園生活と恋愛を楽しみながら、卒業のゴールを目指します。
一応公式サイトにも、ちょっとだけ情報がのってます。
http://www.bandainamcogames.co.jp/am/mg/funcube4/
こちらは2001年発売なので、ほとんどゲーセンに残ってないかもしれませんが、もし見つけたら激レアなので、遊んでみてください。

そんな、アイドルマスターの携帯サイトも昨年に大リニューアルして、アーケード連動以外のコンテンツが大充実しております。
ぜひともファンの方はお試しください。
わたしも個人的に着せ替えツールは、愛用してます!

次回も、開発時のむかし話です。

2010年6月11日 イシイ@第3のP